楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法

MENU

楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法

楽天のカードの支払いを延滞することは避けたほうがいいでしょう。そのままにしておくのは非常に危険なことであることを認識しておかなくてはなりません。

 

場合によっては強制解約になってしまうこともありますので、延滞の可能性がある場合に合法的な迅速な対応が肝要になってきます。

 

このサイトでは楽天カードの支払いに足して延滞が出てしまう可能性があるときの対処法について紹介をしていきます。

 

楽天カードの返済が苦しくなったら!

楽天カードの支払いにトラブルが出てしまいそうな場合には、誰に相談をするのがいいのでしょうか?

 

合法的に借金の問題を解決していくことを目指すのが一番良い方法になりますので、つまり、弁護士さんに支払いのトラブルの解決法を確認してみるのが最良の方法になります。

 

初回の相談は無料で対応をしてくれる弁護士さんも多くいますので安心して相談をすることができるようになってきます。

 

また、弁護士さんに相談をしている間は支払いの督促を受けることはなくなりますので、精神的な負担を軽減することも可能です。カードの支払いをストレスに感じてしまって体調を崩してしまうような例も見受けられます。

 

確かに、カードの支払いの苦悩について友人に相談することは抵抗があるものであるのは間違いありません。弁護士さんであれば、プロとしての対応を心がけてくれますので、相談もしやすい部分がおおくなります。また、的確かつ迅速な対応も心がけてもらえるので、これ以上心配事が増えてしまうこともありません。

 

それほど多くあるわけではないのですが、カードの支払いにトラブルがある場合に法律に触れているのではないかといいようなかなり厳しい督促を受けることも考えらます。このような違法性の高い督促に対しても、弁護士さんの存在は威力を増してきます。

 

一般の方がいくら言ってもストップすることが無いような執拗な督促も弁護士さんが一言いえばピタリとストップする可能性が高くなりますので、弁護士さんに相談するのはいろいろな点で大きなメリットが存在しています。

 

家族に内緒でカードを使って決算してしまって更には、そのカードの支払いに延滞が発生しているときにも、弁護士さんに相談をすることによって、家族にカードの支払いのトラブルを知られることなく円満に解決をする事を目指してくれるようになります。

 

弁護士さんは依頼者のプライバシーを守りながら法律に沿って、カード支払いのトラブルを解決してくれる頼もしい存在であると言っていいでしょう。

 

弁護士さんと一口に言ってもそれぞれの方の専門分野が異なっているものですので、カードの返済などのトラブルに関しては、金融トラブルの案件に詳しい弁護士さんに仕事を依頼するのが賢い対処方法になってくるものです。

 

インターネットで検索すれば、金融トラブルに関して多くの実績を有する弁護士さんを探し出すことが可能ですので、できるだけ金融分野の専門家の弁護士さんに仕事を依頼するようにしたいものです。

 

楽天カードの支払いを延滞した場合の督促

楽天カードで支払いの決算を行う際に、指定の口座で引き落としができない場合には、翌日も引き落としを行うようなシステムになっています。多くの場合において連続して4日間の再度の引きおとしが試みられます。

 

その段階でカードの使用料を清算してしまえば、特に問題になることはありません。しかしながら、再度の引き落としを行っても清算できない場合には少し困った状態になってしまいます。

 

まずは、登録している楽天カードについて強制的に解約をされてしまうことになります。

 

さらには、支払われていないカードの使用料に対しては督促状が送られてくるようになります。督促状と並行して電話での催促も行われるようになってしまいます。

 

このような状態になってしまったら直ちにそれなりの対応が必要になります。なぜならば、この状態を放置しておくとカード会社は強制執行を行う権利を有することになるからです。

 

強制執行が行われてしまいますと、不動産、動産、更には債権が差し押さえられてしまって競売にかけられてしまうことになります。

 

競売によって得られた利益はカードの使用料の支払いに充てられますが、それによってすべての使用料の支払いが完了しない場合には再び強制執行が行われるようになってしまいます。

 

電話での督促の段階ですと原則として職場への支払いの連絡は行きませんので、職場にカードの支払いにトラブルがあることが分かってしまいにくいのですが、強制執行が始まってしまいますと給与の差し押さえも可能となってきますので必然的に職場にもカードのトラブルのことが発覚してしまうことになります。

 

差し押さえが行われる場合には、あらかじめ通知が行われることになっています。この通知が来たらすぐに対応することが必要です。といってもどのように対応していけばいいのかわからない場合も多いことが考えられますので、すぐに弁護士さんに相談をして対処法をアドバイスしてもらうようにするといいでしょう。

 

また、楽天のカードは支払いにトラブルがある場合には一時的に使えなくなってしまいます。

 

支払われていないカードの使用料がその後支払われれば、再びカードを利用できるようになります。しかしながら、カードが強制的に解約された後では、二度と再びカードをご利用することはできなくなってしまうので注意が必要です。

 

楽天カードの遅延損害金(延滞金)について

カードの支払いを行わないでいることに対して、支払いの督促が来ている場合には、払わないでいることに対してのペナルティが発生してしまいます。これは延滞金と呼ばれるもので

 

例えば楽天カードの場合には1日当たり164円の延滞金が発生する仕組みになっています。

 

当然のことですが、1日当たりの延滞金ですので、返さないでいる期間が長くなればなるほどその額は大きなものになってきます。

 

延滞金が発生している状態になってしまうと、いわゆるブラックリストの状態になってしまいますので、新たにカードを作ったりローンを組んだりすることも出来なくなってしまいます。社会的に大きな束縛を受けた状態での生活を余儀なくされることになります。

 

もちろん、その間も何の対策をしないで延滞金の総額は増えてしまうことになります。時として時効によってカードの未支払い分を相殺してしまおうと考える方も出てきます。確かに時効になってしまえばすべてのカードの支払い分も延滞金も消滅してしまうことになりますが、必ずしもすべての案件で時間が経てば時効が成立するという訳ではありません。

 

万が一時効の成立に失敗をしてしまった場合には、莫大な金額の返済(延滞金の総額)を余儀なくされてしまうことになりますので、注意が必要です。

 

弁護士さんに相談をして債務整理の手続きを取るのはお勧めの方法になります。

 

債務整理の手続きを開始した段階で、延滞金がそれ以上増えることもストップすることになります。弁護士さんと相談して、これまで払っていない額のカードの使用料と延滞金をどのように返済していくかを考えてみるといいでしょう。

 

一般的には任意整理の方法で返済の期間を決めて支払っていくことになります。すべての額を無理なく返済できるように、返済額がきめられてそして返済までの期間が決められてきます。といっても、毎月お金を決まった金額だけ返していくのは大変なプロセスですので、任意整理をしたからと言って、全てが完了したわけでは有りません。

 

すべてが完了するのはお金を全て払い終わった段階であることを肝に銘じておくことも必要です。

 

任意整理などの債務整理の手続きを行う場合には、延滞金の発生の問題もありますので、速やかな対応が必要になってきます。

 

このような場合には365日24時間対応の弁護士さんに相談してみるのはお勧めです。面談が難しいような場合にはメールや電話で対応してくださる弁護士さんですと更にお勧めになってきます。

 

楽天カードは使い続けることは可能?

楽天カードなどの支払いにトラブルを起こしてしまって、それが長期化してしまうといわゆるブラックリストにその情報が掲載されてしまうことになってしまいます。ブラックリストに情報が掲載されてしまうと、新たな借り入れやカードを作ることができなくなってしまいますので、昨今のカード社会の中では多くの不便を感じることになってしまいます。

 

ブラックリストに載っている期間は原則5年ということになっています。

 

5年間の間、金融的なトラブルを一切起こさなければ、ブラックリストの情報は解消されることになります。

 

ブラックリストの情報が解消されれば、再び新たな借り入れを行なったり、カードを作ることが可能になりますが、再び借り入れやカードの使用法において問題を起こしてしまうとブラックリストにその情報が掲載されてしまって、多くの不都合を感じることになります。

 

したがって、ブラックリストに掲載されている間はお金に対する感覚を修正するための5年間だと思うのはお勧めです。自分の収入に応じた生活をいつも行っていれば、借り入れやカードでのトラブルとは無縁の生活を送れるようになるからです。

 

ブラックリストに掲載されている間の生活はいろいろな束縛があってストレスを感じてしまうかもしれません。そんな時も弁護士さんに相談して、金融面に加えてメンタル面でのアドバイスを受けるようにするといいでしょう。

 

カードの未使用はそれほど大きな問題にがならないと軽く考えてしまって、ブラックリストに載ってしまうと後で大きな後悔をすることになりますので注意をしておくといいでしょう。

 

楽天カードの支払いを滞納するとブラックリストにも載ってしまう

カードの支払いの督促に応じないでいると、延滞金が発生することがいうまでもありませんが、同時にブラックリストにその情報が行くことになります。

 

ブラックリスト入りしてしまうと、カードを使うことができなくなってしまって、大きな不便を感じることになってしまいます。

 

ブラックリスト入りしてしまったら、全ての決算を現金払いにしなくてはなりません。現金払いは昔の日本でしたら、それが当たり前でしたのでそれほど問題になることはありませんが、生活スタイルが変わってカードが多く日本でも使われるようになってきていますので、かなりの不都合を感じてしまうことになるでしょう。

 

ブラックリストに載ってしまった段階で、弁護士さんに相談をして債務整理の手続きを取ることはお勧めかもしれません。債務整理の手続きによってカードの未支払いの代金を完済してしまえば、あとは、5年の期間を待てば、ブラックリストの状態から解放されることになります。

 

ブラックリスト入りしても、そのまま何もせずにカードの未支払いの状態を放置しておくと、恐らく永久にブラックリストの状態から抜け出すことができなくなってしまうことも考えられます。

 

債務整理の手続きをどのように行うべきかわからない場合には弁護士さんに相談してみるといいでしょう。最初の相談は無料で対応してくれる弁護士さんもいますので、お勧めです。

楽天カードの支払いができない場合どうすれば良い?

楽天カードの支払いが残念ながら今すぐに全部を払えないというような場合には、それをそのまま放置することなしにリボ払いへの切り替えがお勧めです。リボ払いに切り替えてしまえば、支払いの延滞の可能性を防止することができるようになってきます。

 

リボ払いのいいところは毎月の支払額を一定にできるという点にあります。

 

ですから、毎月いくら支払えばいいのかを自分で把握できますので、延滞の可能性を減らすことができます。リボ払いの場合には、手数料が発生してきますので、延滞を防ぐという目的ではいいのですが、いつもリボ払いの状態にしておくと、必要以上に多くの支払いが必要となります。

 

また、リボ払いの場合には、カードでの買い物を全くしていない状態であっても、以前の買い物の料金を支払うためにカード請求が行われるということもありますので、メリットとデメリットが存在しているといえます。

 

しかしながら、カードの支払いにトラブルが起きてしまって、最悪の場合にはブラックリスト入り思想である場合には、それを避ける意味でのリボ払いの選択はお勧めになってくるでしょう。

 

また、リボ払いにいつも頼っていると、一生かけても返せないようなカードの支払いをすることになって、逆にカードのトラブルを起こしてしまう可能性も考えられますので注意が必要です。どんな場合にも自分の給与に見合った買い物をすることが肝要です。自分の持っているお金以上のものは買うことができないと考えなくてはなりません。

 

カードは非常に便利なものですが、逆に支払いのトラブルを発生してしまう原因にもなりますので、ケアフルにいつも使っていくことを念頭に置いておくといいでしょう。

 

まとめ

楽天カードを使用していて、支払いのトラブルに見舞われてしまった場合には、延滞料のこともありますので、すぐに弁護士さんに相談して対応を考えていくことが必要になります。

 

 

カードの使い方を甘く見ていて、支払いにトラブルがおきてしまって差し押さえなどがおきてしまうと、お金のトラブルを起こしていることを第3者に知られてしまう可能性が出てきますので注意が必要です。いったん差し押さえを受けてしまうとそれを元に戻すのは非常に大変ですので、その前に対応するのが賢いチョイスといえます。

 

一般には任意整理の方法がカードの支払いのトラブルの場合にはとられますが、任意整理の手続きを行うと、その記録がブラックリストとして残されることになります。任意整理の方法が分からない場合には弁護士さんにそれを代行してもらうといいでしょう。

 

ブラックリストに記録が残されている期間は5年ですが、その間は様々な制約を余儀なくされてしまいます。

 

しかしながら、カードの支払いに関してのトラブルを起こしてしまったのは自分であるのは間違いないので、その制約の中できちんとお金を返済していくようにするといいでしょう。

 

そのような生活は大きなストレスを感じるかもしれませんが、それも弁護士さんに相談してみるのもお勧めです。

 

更には、自分がカード利用の買い物で使ってしまった金額は自分の責任で必ず払うという気持ちをいつも持っているようにしなくてはなりません。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!