「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!

MENU

「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!

債権譲渡通知とは、文字通り債権が第三者に譲渡されたことであり、債権譲渡通知書がいきなり届きます。これは、借金を長期にわたって滞納しているときに通知されるものであり、文字通り第三者に債権が譲渡されてしまったことです。

 

債権を滞納することで債権が借りていた会社から債権回収会社へ譲渡されてしまいます。

 

債権回収会社から内容証明郵便で債権譲渡通知書が届くと、一括返済することを求められたりしますので対応しなければならないことがあります。

 

そうすると一人では対応できませんので、債務整理の実績があるような弁護士に早急に相談して、すぐ対処しなければならないことになります。

 

債権譲渡の通知が来た後の取り立て

債権譲渡通知書はある日突然届く、自分の借金がほかの会社、主に債権回収会社に譲られたという通知です。今まで借金を借りていてその支払いを長期にわたって延滞している場合にこのような通知が届くことになります。

 

少しくらいの滞納や、支払いの遅れ程度ではこのような債権譲渡通知書が送られてくることはありませんが、長期にわたって延滞を繰り返していると、突然債権者から違う会社に債権を譲渡したという通知が届くことになります。

 

では、なぜ債権が譲渡されるかという理由から抑えておきましょう。

 

バブル景気から失われた20年にかけて不景気に伴い、各金融機関おもに債権の回収、特に長く不良債権として返済されなかった債権の回収が大変になっていました。そのため、サービサー法と呼ばれる新しい法律に基づき、債権回収を設立して債権の回収を専門の会社に委託するようになりました。

 

債権譲渡通知書は、借りていた債権の返済が遅れてしまったため、借入先からその債権を別の会社に移したという通知書のことです。借金は債権者側から見ると貸付金でありますので、法律的には債務者以外の第三者に対してその債権を譲渡することができます。

 

通常であれば、対価を支払ってその債権を譲り受けて第三者のものになります。

 

そのため、貸付業者は、その債権については債権回収を専門に行う債権回収会社に委託することになります。たいていの大手カードローンや消費者金融の会社は専門の債権回収会社を持っていますので、そのような会社から通知が来ることになるでしょう。

 

債権を回収するにはそれなりのコストがあります。通常は貸付した消費者金融の会社やカードローンの会社が回収することになります。

 

しかしながら、債務者に返済の意志や返済能力が低く、そして回収に時間がかかるような場合、対価を支払ってでも債権回収会社に回収をお願いすることが一般的です。

 

そうなると借金回収はより過酷になると思われるでしょう。なぜなら、債権回収会社というのは債権回収においてはプロです。

 

通常借金というのは時効が成立するとなくなると言われていますが、このような債権回収会社にお願いすると時効が成立することはありません。

 

債権譲渡通知書が送られてくると、まず多くの人は意味がわからないため詐欺ではないのか?と疑われたりします。しかしながら債権譲渡は法律的にも認められている行為ですので、貸付業社から送られてきた債権譲渡通知書は本物である可能性が高いです。ですので、

 

債権譲渡通知書が送られてきた場合は、それが本物かどうかをチェックしましょう。

 

誰から送られてきたのか、ということがポイントになります。債権譲渡通知書は大変大事なものですので、内容証明郵便で送られてきます。

 

普通郵便やはがきで送られてきた場合は偽物と考えても良いかもしれません。そして、債権譲渡通知書が本物かどうかを見分けるポイントとしては、債権者から送られえ来たものであることと内容証明郵便で送られたものというこの二点です。

 

債権譲渡通知書が送られてくるということは、借金はその貸付業者の手を離れたということになり、その状況はより深刻なものになります。そのため、借金について考えないといけない場面が、すぐそこまで来ているということになります。

 

債権譲渡通知書が送られてくると、その送り主は債権回収のプロですので、より取立ても法律に従った厳しいものになります。従わなければ、借金を一括返済することを求められたりしますので、事態はより深刻です。

 

もちろん、違法な業者が暴力的に取り立てをすることは法律で禁止されていますので、暴力に及んだり、身近な人に危害を加えたりといったような厳しさではありません。

 

しかしながら、裁判を起こされたりすることもあり、取り返しがつかなくなる場合もあります。

 

ですので、このような債権譲渡通知書が送られてきたら専門家である弁護士にいちはやく相談するようにしましょう。

 

債権譲渡をされると今後にどう影響する?

債権譲渡通知書が送られて来ると、今後の借金の返済に大きな影響を及ぼします。債権譲渡通知書には債権を譲渡した事実、そして譲渡人の氏名、譲渡する債権、譲受人の氏名などが書いています。

 

このため、債権譲渡通知書にはどのように借金を返済したらよいのかということが書かれています。一方で、うその債権譲渡通知書を書いてだまし取ろうという詐欺被害もあります。しかしながら、内容証明郵便で届いて差出人がその債権を持っている会社であれば本物であり、そして急いで対応する必要があるでしょう。

 

債権譲渡通知書が到着し、借金を一括返済できるのであれば問題ではありません。

 

しかしながら、債権譲渡通知書というのは、長らく借金を返せずにいる場合に送られてきますので債権回収業者から通知が来たところで払えるはずもないことが多いでしょう。

 

しかしながら最初に来るのは、支払督促申込書であり、一括で借金を返済するようにと書かれています。

 

特に、金融機関と違い債権回収会社は債権の回収のプロですので頻繁に督促状を送ってきます。そうなるとなかなか借金から逃れることができません。このような債権譲渡通知書および支払督促申込書は急に来るのですぐに対応しなければなりません。

 

債権譲渡通知書が今後にどのような影響があるのか、ということは、自分がどのような債務整理を行うかということによっても違いがあります。

 

  • まず一つ目の影響としては、借金すなわち債権が専門の債権回収会社に譲渡されましたので、返済義務がある返済先が変わるということです。
  • 次に、その返済方法についてです。

 

支払督促申立書が来ると、支払いをすぐにしなければならないと書かれていますが、すぐに払えないのはその回収会社も織り込み済みです。ですので、債務者としては任意整理をはじめとした債務整理を行い、債権者と交渉して返済金額や返済の年数などを打ち合わせて行っていくことになります。

 

そのため、債権譲渡通知書が送られてきた段階ですぐに専門の弁護士などに相談するとよいでしょう。

 

債権譲渡通知書が送られてきたからといって、それが私生活に即影響を及ぼすというわけではありません。特に借金を抱えていることを会社や家族に知られたくない人が多いと思われますが、債権譲渡がお行われても会社に通知が来るわけではありませんので、会社にばれるということはありません。

 

もちろん家族に対しても同様のことであり、債務があることを無関係な人に教えるということはしていません。

 

しかしながら、注意が必要な場合もあります。

 

それは、債権譲渡通知書が送られてきてからそれを無視し続けると、法律に基づいて訴訟を起こされることがあるからです。これは、違法でもなんでもなく法律で決められることです。

 

そうして判決が出てしまうと、財産が差し押さえをされてしまうことになります。給与口座から差し押さえをしますので、会社の給与担当に知られることは普通に考えられます。

 

また、家や車に関しても、競売にかけられたり財産を処分されたりしますので、家族の人には借金のことがわかってしまいます。そのため、そうならないように対策をとるのが良いでしょう。

 

債権譲渡通知書が送られてきたとしても、その際に任意整理をはじめとした債務整理を行うことで、影響を最小限にとどめることができます。

 

任意整理であったら、その会社と交渉して借金を和解して借金額を減らしながら返済への道を探っていく和解交渉の一つです。

 

任意整理をすると、その後その会社のクレジットカードは使えないといった欠点はありますが、逆にそのくらいしか欠点はありませんし借金額を減らすこともできます。

 

任意整理はすぐに取り組む必要があります。

 

そのため、借金に悩んでいるのであれば、任意整理をはじめとした債務整理を行うことが必要です。

 

債務整理を行うのであれば、損害金なども発生しますし、先送りをすればするほど返さないといけない金額もふくらんでいきます。そのため、すぐに対応することが求められます。特に任意整理をはじめとした債務整理は債権者との交渉が第一になってきます。そのためには、当事者が何かをするのではなく、専門家である弁護士にお願いするのが良いでしょう。

 

債権譲渡の処理は一人ではできません!

借金を返済する際の返済金を滞納して借金が債権回収会社に譲渡されてしまう、これが債権譲渡通知書として知らされることになります。債権譲渡通知書は、内容証明郵便で送られてきており、自分の債権が第三者である債権回収会社に譲られたことを示しています。

 

債権が第三者に譲渡されてしまうことは、法律で規定されており、何も特別なことではありません。

 

場合によっては、債権回収会社を名乗る人が詐欺のようにお金を取り立てようとする場合もありますが、もともとの債権を持っていた人から内容証明郵便で債権譲渡通知書が送られてきた場合は、本物である可能性が高いです。

 

債権回収会社から債権譲渡通知書が送られてきた場合は、借金の問題はかなり深刻になっています。放置しておくとすぐに、借金をすべて返すように求められます。特に債権回収会社は債権回収のプロですので、これをまた放置しておくと裁判になるかもしれません。

 

裁判になると社会的に不利益になるだけでなく、その後は自己破産くらいしかとる方法がなくなり、場合によっては住むところまで失いかねません。

 

給料を差し押さえられることから、生活ができなくなったり、会社にも借金が原因で裁判を起こされてしまったことを知られることになります。

 

このように、債権譲渡通知書が送られて来るというのは、本当に借金が深刻であるということを示しているのです。そして、債権回収会社に裁判を起こされてしまうことだけは、避けなければなりません。

 

正しい方法としては、債権譲渡の通知が来るとまず弁護士に相談することです。

 

債権譲渡が行われると、債権譲渡の対抗要件として、債権の譲受人は債務者及び第三者について債権譲渡の事実を対抗、すなわち主張することができます。

 

そのため債務者は債権譲渡を承諾することが必要です。債務者がもし債権譲渡を承諾しなければ、債権譲渡は対抗される必要はありません。

 

だからこそ、債権譲渡通知書はかなり重要なものになります。もしも、債権回収会社から支払いの要求が来たとしても債権譲渡通知書がなければ、支払う必要がありません。

 

しかしながら債権譲渡通知書をもらったのであればすぐに行動する必要があるでしょう。

 

まずは借金問題に強い弁護士などに相談してみることです。任意整理のようにダメージが少なく借金を減額することができる方法もありますし、借金を減額する和解交渉をすることもできます。

 

住宅ローンがある場合には個人再生の住宅ローン特則を利用することもできますので、住居をすぐに失うということもありません。高額に膨らんだ遅延損害金もまとめて支払い義務をなくしてしまうことも可能になります。

 

司法書士も金銭問題を取り扱っているように思えますが、弁護士は交渉ごとに強いという特徴もあります。

 

そのため、債権回収のプロである債権回収会社と交渉することによって、遅延損害金などを少なくし、借金を割り引いてもらうこともできるかもしれません。

 

特に借金問題に強い弁護士事務所などには、初回の相談料が無料になるところもあります。このように、借金問題に強い弁護士に相談することで、自分の置かれた状況を整理し、和解できる部分は和解することで、月々の支払金額を抑え、数年内に完済することも可能です。

 

弁護士には守秘義務がありますので、弁護士に相談したからと言ってそれが誰かに漏れるという心配はありません。

 

借金問題は状況がすごいスピードで悪化していきます。債権譲渡通知書が送られてきたらすぐに、信頼できる弁護士事務所などに相談して事態の解決を図りましょう。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!