債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?

MENU

債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?

債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い?対処法はあるの?と気になっている人も多いのではないでしょうか。債権者から給料を差し押さえられた時、どうすれば良いのか分からない、という人も多いですし、効果的な方法にスポットをあてて解説をしたいと思います。

 

強制執行の手続きについて

債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い?対処法はあるの?と差し押さえられて悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。

 

債権者としては、債務者が働いてさえいればお給料が入っているということは明瞭なため、それを差し押さえてしまうのが最も簡単であり、確かでもあります。

 

差し押さえられたら、受取拒否して開封しなければ良いのかというと、裁判所から送付される特別送達を受取拒否することはできなくなっています。

 

勤務先とか休日指定を利用して送達されるものなので強制執行手続きがされるというのが大きな特徴です。

 

債権者から給料を差し押さえられたときは、強制執行されるのか、とびっくりしている人も多いのではないでしょうか。給料を差し押さえられないようにしたい、という人も多いですしどのようにするのが効果的なのか知りたいという人も多いです。

 

何より、仕事をすることで得られる給料は唯一の収入であることも多く、それが差し押さえられてしまうと生活もままなりません。

 

また一度差し押さえられてしまうと、その効果は一度きりではなく、その後の給料に対してもずっと継続されます。

 

そのため、差し押さえの送達を受け取った際には、なるべく早く行動を起こす必要があるでしょう。給料の差し押さえは、裁判手続きによる強制執行手続きの一つで強制執行を停止させることもできるようになっています。

 

この強制執行手続きを停止させるには、特定調停や個人再生、自己破産が効果的です。

 

特定調停や個人再生、そして自己破産で強制執行手続きをストップさせることが出来るようになっているのです。

 

実際に給料を差し押さえられたことのある方なら知っているかもしれませんが、強制執行とは言ってもすべてのお給料を差し押さえられてしまうわけではありません。それぞれの生活を守るため、4分の3は差し押さえができないよう規定されているのです。

 

そうは言っても、月の給料のうち4分の1は支払われなくなってしまいます。夫婦で暮らす方はもちろんのこと、小さな子どもを持つ家庭ならなおさら、4分の1減ってしまうだけでも十分つらいものでしょう。

 

ひとりひとりの給料額にも差はあるため、一概にこの差し押さえ範囲の規定が、生活を守ってくれるとも言えません。給料の差し押さえの基礎知識や強制執行を停止させる債務整理の方法も身につけることも大事です。

 

ロータス法律事務所は、こうした借金問題を解決に導いています。

 

多重債務問題や過払い金請求のトラブルを解決することが出来るようになります。ロータス法律事務所は、様々な借金問題を解決している借金問題のエキスパートです。

 

ロータス法律事務所は何よりも的確にアドバイスをしてくれるので親身になって相談に乗ってくれるのも悩みがスッキリします。

 

債務整理で差し押さえを停止させるには?

  • 債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い?
  • 対処法はどんなものがあるの?

と気になっている人も少なくありません。

 

借金整理の無料相談は、ロータス法律事務所が親身になって相談に乗ってくれるので満足度がとても高いです。

 

債務整理で差し押さえを停止させることもできるのですが、差し押さえで生活に不都合が出てくるということも多いです。差し押さえで、手取りの給料の4分の1が没収されることもありますし、銀行口座を差し押さえられたという人もいます。

 

銀行口座が差し押さえられたという人は銀行口座が使えなくなるんので不便ですし、生活に支障をきたしてしまうということもあります。

 

差し押さえを停止させるのに効果的なのは、ロータス法律事務所や弁護士に相談をするというものです。ロータス法律事務所は、こうした借金問題に強いエキスパートですし、10000件以上もの借金問題を解決に導いているというのが大きな特徴の法律事務所です。

 

差し押さえられる前にロータス法律事務所や弁護士の相談をするのが効果的ですが、相談をするタイミングを逃してしまうという場合もあります。

 

差し押さえられたあとでも、債務整理をすることで問題を解決に導くことができるようになります。

 

任意整理と差し押さえですが、任意整理というのは裁判所を介さず、債権者と債務者の話し合いで和解できるという債務整理です。債務整理にも様々な種類のものがあるのでどの債務整理がどのような効果を発揮してくれるのか知ることも大事です。

 

任意整理と差し押さえでは、訴訟をされてすぐの状態の判決が出る場合なら、任意整理で裁判外で話し合いをすることができるようになっています。裁判所が決定したあとだと、執行手続きに対しての差し押さえを取り下げてほしいと申し出をすることができるようになっています。

 

その申し出には債権者が応じる可能性が低いのでこの点は覚えておきたいところです。個人再生と債務整理についてあまり知識がない分からない、とい人は少なくないです。債務整理のことをよく知ることの出来るタメになる情報が満載です。

 

個人再生をする時に差し押さえを中止

債務整理と差し押さえですが、様々なものがあります。差し押さえには様々なものがありますが、たとえば特定調停と差し押さえがあるようです。特定調停と差し押さえですが、これは、特定調停を知らないという人も多いと思います。

 

特定調停は、調停委員が間に入って多数の債権者と個別に話し合いをするという債務整理になっているのが大きな特徴です。

 

話し合いをするというタイプの債務整理で、個別に話し合いをするのが大きな特徴となっています。

 

弁護士が手続きをするのは不安が残りますが、通常はこの特定調停での差し押さえをすることはないです。ただ、強制執行手続きを停止させるには、弁護士が特定調停をして強制執行手続きを停止させるということはあります。

 

こうした場合に、この特定調停と債務整理をすることができるようになっています。特定調停とは別に強制執行停止申し立て書を提出することも大事です。

 

執行停止は、給与や不動産を差し押さえられた場合に返済計画が立てられなくなることを回避出来るようになっているのです。

 

特定調停で再建をしようと計画した場合も差し押さえで経済的更生が難しくなることもあります。また、進行が妨げられるものがあれば民事執行手続が停止されるようになります。
個人再生と差し押さえですが、個人再生の民事再生法は債権者平等の原則があるのが大きな特徴です。これは、再生計画によって行われる権利の変更の内容は、再生債権者の間で平等である、というものです。

 

特定の債権者だけが給与の差し押さえで弁済を受けることは個人再生ではないのです。

 

再生手続開始決定が出たら、差し押さえが中止されるようになります。この点を知っておくと、効果的に債務整理をすることができるようになっています。

 

また、債務整理や多重債務問題・過払い金請求の問題があればロータス法律事務所に相談してみることをお勧めいたします。

 

ロータス法律事務所は長い歴史のある法律事務所で、高いノウハウと実績が凝縮されているのが大きな特徴です。

 

自己破産には、同時廃止と管財事件の2つがある

個人再生と差し押さえや自己破産と差し押さえのように様々な差し押さえがあるのが大きな特徴です。また、2つとも完全に同じというわけではなく自己破産には同時廃止と管財事件の2つがあります。

 

これは、給料が差し押さえられている場合に同時廃止か管財事件かによって異なってくるのでしっかりと知識を身に着けておきたいところです。今回は、同時廃止と自己破産にスポットをあてて解説をしたいと思います。

 

自己破産は、依頼してから受任され、自己破産の申し立てをします。

 

それから破産審尋、同時廃止、管財事件かによって中止されたり中止されたり失効されたりします。破産手続開始決定から免責審尋、免責許可決定、再出発です。自己破産には大きく分けてこのような流れがあります。また、他の債務整理と比べると少し複雑になっていると言えるのではないでしょうか。

 

同時廃止の場合は、破産手続開始決定によって強制執行は一時中止されるのが大きな特徴です。

 

個人再生の時と同様に免責許可決定が出るまで会社や供託所が留保することになるのが大きな特徴です。免責許可決定が確定すると強制執行の効力がなくなって、留保されていた給料と全額の給料が支払われます。

 

管財事件だと、破産手続開始決定で強制執行の中止と失効するのが大きな特徴です。

 

破産手続開始決定後は、すぐに給料が満額を受け取ることができるようになっています。破産手続開始決定前に強制執行と仮差し押さえと仮処分されていたものは破産財団に属します。差し押さえはなくなるので注意です。

 

強制執行を提起されたら、スピードが重要!

債務整理と差し押さえは、なかなか覚えられない難しい事柄です。債権者から給与の差し押さえといった強制執行を提起された場合にはスピードがもっとも重要になるということをご存知でしょうか。

 

給料の差し押さえで困っているという人も多いと思いますが弁護士には少しでも悩んだら相談をするのが効果的です。また、弁護士以外にもロータス法律事務所や司法書士に相談をするのも効果的です。

 

ロータス法律事務所なら、24時間いつでも相談をして悩みを解消することが出来るのでとても効果的です。

 

電話やメール、フリーダイヤルと様々に相談をすることができるのでかなりおトクです。電話の方が話しやすいなら電話でも良いですしメールの方が良いという場合はメールもあります。人それぞれどのツールを使うことで上手く相談ができるのかという点は、様々と言っても過言ではありません。

 

ロータス法律事務所は10000件以上もの借金問題や多重債務問題・過払い金請求を解決している凄腕の法律事務所です。

 

厳しい言葉は、目が覚めますし、的確にアドバイスをしてもらうことができるので悩みをしっかりと解消したいという人にはぴったりです。的確なアドバイスを非常に効果的ですしこのロータス法律事務所の個性の一つです。

 

ロータス法律事務所以外にも法律事務所はたくさんありますが、ロータス法律事務所はお客様目線の良質なサービスが満載です。借金問題解決のプロフェッショナルと言っても過言ではないロータス法律事務所は、スタッフの温かいまごころのこもった対応が魅力です。

 

スタッフの対応も丁寧親切と評判の高いロータス法律事務所は、見どころ満載です。また、どんな借金問題も解決に導いているロータス法律事務所は、難しい解決できないような問題でも解決することが出来ると評判なので、何か聞きたいことや悩みがあれば相談をしてみてください。

 

いつでも相談ができるようになっていて、対応も素早いので悩み事もキレイに解消することが出来るようになっています。他にはないお客様目線を追求したサービス展開が魅力のロータス法律事務所は、これからも成長を続けていくと言えるのではないでしょうか。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!