クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ

MENU

クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ

クレジットカードを利用して買い物したら必ず期日までに支払いをしなくてはなりません。銀行口座からの引き落としにしている方がほとんどだと思いますが、期日までに支払いができないというケースもありますよね。

 

クレジットカード利用分の支払いができずに滞納となるとさまざまなペナルティが発生することもあるため気を付けなくてはなりません。ここではクレジットカードの支払いを滞納してしまったときのペナルティやそれに関連するお話をしたいと思います。

 

クレジットカードの支払いができない場合どうなるの?

あると便利なクレジットカード、ついつい使ってしまいますよね。一昔前だとコンビニやスーパーでクレジットカードを使うのは恥ずかしいという風潮がありましたが、最近では日本でもスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで当たり前のようにクレジットカードを利用する方が増えてきました。

 

財布の中に現金が入っていなくてもカード一枚あればショッピングができますし、これほど便利なものはありません。給料日前などどうしてもお金がないという時にクレジットカードは重宝できる存在ですし、大きな買い物をするときもカードを使う方は多いですよね。

 

そんなクレジットカードですが、あくまで一時的にカード会社がお金を立て替えてくれているだけでありタダで買い物ができるわけではありません。

 

現金を使わないためついつい使い過ぎてしまうこともありますが、クレジットカードは魔法のカードではないのです。当然、利用した分については期日までに支払いをしなくてはなりませんし、支払いをしないと滞納ということになってしまいます。

 

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと冒頭でもお話したようにさまざまなペナルティが科せられることもありますから注意が必要なのです。

 

では、実際クレジットカードの支払いができないとどうなってしまうのかということですが、まず期日に引き落としができないとカードの利用ができなくなります。クレジットカード会社によってやや対応に違いはあると思いますが、その月の支払い分を支払っていない場合だとカードの利用が一時的にできなくなります。

 

数日のうちに支払うことができればいいのですが、そのまま延滞してしまうとさまざまな問題が発生します。一定の期間支払いをせずに放置していると完全に滞納という扱いになってしまいますし、カード会社からの請求書が届きます。

 

どれくらいの期間で一通の請求書が届くのかはカード会社によって異なりますから一概には言えません。

 

1ヶ月程度では送られてこないと思いますが、3~6ヶ月ほど支払わずに放置しておくと届くことが多いです。この請求書に記載されている借金額をその時にすぐ支払うことができればいいのですが、支払いができない場合は最悪裁判にまで発展してしまうこともあります。

 

法的措置を取られてしまいますし、いろいろと面倒なことになってしまうでしょう。また、2~3ヶ月も滞納してしまうといわゆるブラックリスト状態になってしまうケースが多いです。

 

ブラックリストと呼ばれるリストが実際に存在するわけではありませんが、信用情報機関に個人情報が登録されてしまいしばらくは残ってしまいます。この信用情報機関に登録されることを一般的にブラックリストに載るなどと表現します。

 

信用情報機関に個人情報が登録されてしまうと今後借金をすることが難しくなってしまいますし、ローンなども通らなくなる可能性が高いです。延滞しているお金をすべて完済すればだいたい5年ほどで情報が削除されますが、支払いをせずにそのままにしているといつまでも情報が残り続けてしまいます。

 

支払いをしなかったときのケースを最後におさらいしておきましょう。

 

  • まず、支払い日に支払うことができなかったらカードの利用が停止されてしまいその後カード会社から電話連絡などがきます。
  • 電話での督促でも支払わなかったとなるとカードが強制解約されることもありますし、信用情報機関に個人情報が登録されます。
  • クレジットカード会社から一括で支払う旨を記載した請求書が届き、それでも無視してしまうと最悪の場合裁判にまで発展することがあります。

 

先ほども言ったように裁判まで発展するといろいろと面倒なことになりますし、なるべくここまで来てしまう前に何とかしなくてはなりません。

 

クレジットカードの返済が苦しくなるのは「リボ払いの罠」

毎月きちんとクレジットカードの支払いをしている方、一度も遅れたことがないという方からすると「どうしてそんなに延滞してしまうの?」と不思議な気持ちになってしまうと思います。

 

きちんと決められた日に返済すればいいのに、どうしてそんなに長引かせて自分の立場を危うくしてしまうのかと疑問に感じた方もおられるかもしれません。

 

クレジットカード利用分の返済が苦しくなってしまう原因はいろいろと挙げられますが、一つには単純に使い過ぎが挙げられます。人によっては限度額いっぱいまで一気に使ってしまう方もいますし、それで支払日に返済できないというケースもあります。

 

クレジットカードは魔法のカードではありませんし、利用した分は支払わなくてはなりません。しかし、カードを使うときは手軽にサッと買い物ができてしまいますし、まさに魔法のカードのように使ってしまいます。

 

現金で支払いしているときだと財布の中身と相談しながらショッピングしますが、カードだと現状でいくら使っているのか把握しにくいですし、知らず知らずのうちに使い過ぎてしまっていたというケースは少なくありません。

 

結果的に一括で支払うことが難しくなり、分割やリボ払いに逃げるという方が多いのです。ただ、利用分が多いとなると分割にしても月々に支払う額は多くなりますし、自然と支払いは苦しくなるでしょう。

 

また、返済が苦しくなってしまう方に共通しているのがリボ払いを利用していることです。

 

リボ払いというのは今やどのクレジットカードにも採用されている返済方法で、分割払いと同じようなものだと認識している方も多いのではないでしょうか。確かに、リボ払いと分割払いは似ているように思えますが実態はまったく異なります。

 

毎月決められた一定の金額を支払っていくのがリボ払いと呼ばれる返済方法で、いくらカードで買い物しても月々の返済額は一定のままです。そのため、毎月の支払額を少なく設定することはできますが、その代わりに返済期間は長くなってしまいます。

 

どれだけ使っても毎月返済しなくてはいけない金額は変わりませんから、借金しているという実感が湧きませんし、借金が増えているなど到底思えません。

 

そのため、気が付いたときにはとんでもない額の金額を借金していたということもあります。クレジットカードの返済で苦しんでいる方の多くがこのリボ払いの多用だと言われていますし、あまり多用するのはおススメできない返済方法です。

 

もちろん、上手に利用できればとても便利な返済方法なのですが、便利だからといってあまり使い過ぎてしまうとしんどくなってしまいます。

 

ご存じの方もおられるでしょうが、クレジットカードの返済を分割やリボにすると手数料が発生します。

 

この手数料がいったいいくらになるのかしっかり把握できている方は少ないと思いますし、ほとんどの方は手数料を無視してリボや分割払いを利用しているでしょう。

 

手数料を年率として換算してみるとなんと10%以上になりますし、これはクレジットカードのキャッシングを利用したときの利率とほとんど変わらないことになります。10%以上というのはかなり高いですし、今初めて知ったという方も多いと思います。

 

返済で苦しまないためにはまず基本としてカードの使い過ぎに注意することです。毎月いくらまでカードを使うと決めておくと良いかもしれません。また、カード会社のホームページでマイページにログインすれば現段階の利用残高などを確認できるでしょうから、できるだけこまめに確認することも大切ですね。

 

こまめに確認していれば使い過ぎを防ぐこともできるでしょう。また、返済方法はなるべく一括で返済するようにし、リボ払いは極力使わないことをおススメします。上手に活用できる方なら話は変わってきますが、リボ払いについてそもそもあまり知らないという方はなるべく手を出さないことです。

 

クレジットカードの借金を債務整理するとどうなるのか?

債務整理という言葉を耳に挟んだことがある方もおられると思いますが、実際にどのようなことをするのか知らないという方が大半ではないでしょうか。

 

かつて消費者金融が猛威を奮い、闇金などが社会問題になったときに債務整理という言葉はあちこちで聞きましたし、ご存知の方も多いかもしれませんが債務整理というのは要するに借金を整理するための手続きのことを指しています。

 

ただ、債務整理にはいくつかの方法がありますし、それぞれの方法に特徴やメリット、デメリットがありますからそこをしっかりと理解したうえでどれを選ぶかをきめなくてはなりません。

 

どのような債務整理があるのかということですが、もっとも知名度が高いのは自己破産でしょう。よく破産と言いますが、正確には自己破産と言います。自己破産というのは絶対に借金を返済することができない、という状況に陥った方が最後にとる方法で、自己破産することによってすべての借金をチャラにすることができます。

 

もちろん、すべての借金と言ってもギャンブルなどの遊興で使ったお金については免責されません。

 

それ以外の借金はすべてチャラになりますから新しい人生を歩むことが可能になりますが、官報にしばらく個人情報が掲載されたり、新しく借金できないなどのデメリットもあります。

 

次に代表的なところだと任意整理が挙げられ、クレジットカードで作ってしまった借金を整理したいという方にもっとも向いている方法と言えます。もちろん、任意整理でないとダメというわけではありませんし、カード破産という言葉もあるようにクレジットカードの借金を何とかするために自己破産したという方もたくさんいます。

 

ただ、自己破産はメリットが多い分デメリットも多いですし、後々の人生を考えるとあまりおススメできる方法ではありません。

 

クレジットカードの借金を何とかしたいのなら任意整理が向いていますし、自己破産よりも先に任意整理を考えるべきです。

 

そもそも任意整理って何?という方もおられるでしょうから簡単にご説明しましょう。

 

任意整理というのは債務者と債権者が直接向き合って話し合い、今後の返済方法や借金の額などを決めることです。自己破産は弁護士に依頼すればほとんど代行してくれますが、任意整理は自分でもできます。

 

ただ、債権者からすると債務者は借金を返済しないどころか整理しようとしているとんでもない人間ということになりますから、厳しいことを言われたり嫌な思いをする可能性はあります。そのため、今ではほとんどの方が任意整理でも弁護士に依頼することが多いです。

 

では、この任意整理がどうしてクレジットカードの借金を減らすのにおススメなのかということですが、まずは弁護士費用が低いということが挙げられます。

 

先ほどご紹介した自己破産もそうですが、特定調停や個人再生といった任意整理以外の債務整理は弁護士費用が割と高いです。

 

ほかの方法に比べて圧倒的と言って良いほど任意整理の弁護士費用はリーズナブルですから、そこがおススメできる一つの理由です。また、自己破産や特定調停だと裁判所を挟んで手続きをすることになるため煩雑な手続きを踏んだり書類もたくさん必要になりますが、任意整理では裁判所を使わないためこれらの手間がありません。

 

任意整理で債権者と話をつけることで借金の総額を少なくすることが可能ですし、利息をカットしてもらうということも可能になります。相手業者の出方によっても多少は変わってきますが、たいてい債務者にメリットのある条件に変更されることがほとんどです。

 

将来利息や手数料がカットされるとなると支払総額も大きく変わってきますし、返済も相当楽になるでしょう。リボ払いを多用しすぎてしまって何ともならなくなったという方でも任意整理をすることによって返済額が少なくなりますし、今後はきちんと計画的に返済していけるようになります。

 

債務整理の相談は弁護士にしましょう

計画的に利用できる方ならともかく、計画性のない方がクレジットカードを持ってしまうとどうしても使い過ぎてしまいます。今日だけ、今日だけと思いながら毎日のようにクレジットカードを使ってしまい、月末に支払うことができなくなって結局リボ払いに変更というのはよくある話です。

 

リボ払いによる弊害については先ほどご紹介しましたから既に理解していると思いますが、計画性のない方がリボ払いなどに手を出してしまうと悲惨です。

 

延々と高い手数料を支払い続けることになりますし、返済期間が長くなるためいつまでも借金を返済しなくてはなりません。高い手数料も加わっていますから返済する総額も増えてしまいます。

 

もしこれから先、クレジットカードの支払いができなくなったらどうしようと不安になっている方もおられるでしょうが、返済ができないときはとりあえずクレジットカード会社に連絡することが先決です。

 

短期間の滞納なら相談に乗ってくれるケースがほとんどですし、いきなり拒否されたり一括返済を求められることはまずないでしょう。

 

もう少し待てばまとまったお金を用意できる、それで返済しようと考えている方だとクレジットカード会社に連絡してその旨を伝え、返済を少し待ってもらうということは十分可能です。

 

どうしても返済することができない、というケースだと債務整理となります。

 

先ほど債務整理についてもご紹介しましたが、クレジットカードの借金返済で困っているのなら任意整理を選ぶことになるでしょう。

 

数十万円程度の借金なら任意整理がもっともおススメですし、間違ってもこの程度の金額で自己破産は選ばないことです。

 

借金の返済を遅らせてしまうと自分自身が損をしてしまいますから、債務整理するぞと決めたのならできるだけ早く行動に移すことです。もたもたしているとどんどん損しますから、思い立ったその日にでも行動に移したほうが良いでしょう。

 

行動に移すと言っても具体的にどうすればいいの?と思った方もおられるでしょう。任意整理は自分で行うこともできますが、一般的には弁護士に依頼することになります。弁護士は法律の専門家ですし、この手の話し合いは弁護士の土俵です。

 

債務者が直接債権者と向き合ってしまうと相手のいいなりになってしまうこともありますし、上手く丸め込まれてしまう恐れもあります。

 

弁護士ならその心配は一切ありませんし、債務者のためにきちんと話を付けてくれるでしょう。

 

債務整理をするとなったらまず弁護士に相談するというのが基本ですから覚えておいてください。

 

司法書士でもいいんじゃないの?と思った方はなかなか鋭いです。確かに司法書士も債務整理が可能ですが、司法書士の場合は140万円以下の整理しかできません。それに比べて弁護士は上限がありませんし、数百万円以上の借金でも弁護士が介入することができます。

 

また、司法書士は債権者と交渉することができませんし、お金を無駄にしてしまうだけです。債務整理をするなら弁護士に依頼することが普通ですし、司法書士に依頼するというのはかなり稀なケースではないでしょうか。

 

司法書士は法手続きに関する書類制作のスペシャリストですが、弁護士というのは法律そのもののエキスパートです。そこをしっかり理解しておきましょう。

 

基本的に司法書士よりも弁護士のほうが交渉を得意としています。弁護士は日々の職務でさまざまな案件に携わっていますし、交渉のテーブルにつくことも頻繁にあります。そのため、多くの弁護士は交渉力に長けていますし、この交渉力によって借金がどれくらい減額されるかも変わってきます。

 

これから任意整理のために弁護士を探したいという方はできるだけ交渉を得意とする弁護士を探すことになります。

 

弁護士と言ってもすべての弁護士が交渉を得意としているわけではありませんから、できるだけ交渉が得意な弁護士を探すことですね。何にせよ、クレジットカードの借金返済に困ったらできるだけ早く弁護士に相談することです。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!