プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?

MENU

プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?

借金をした場合の時効や踏み倒しは現実的にできるのか、債務整理をするにあたってのポイントになる点とは、さらには専門家に相談して借金問題を解決することの重要性などについての解説をしています。

 

借金問題を実際に抱えている方も、そうでない方にとっても気になる点がまとまっているため、参考になるはずです。

 

消費者金融の借金の時効はあります!

消費者金融からの借金が時効で消滅までの期間としては5年間です。

 

しかし、この5年間というのは営利目的の企業からの借り入れの場合に適用される数字で、個人からの借金の場合は時効期間が10年となります。

 

時効消滅時効の起算点となるのは最後の返済日の翌日からです。

 

延滞したその日に関しては計算に入りません。この原則に従うと、消費者金融からの借金を長期延滞しているのなら、最終返済日の翌日から5年経過すると、返済しなくても良いということです。

 

今まで消費者金融から借り入れを行い、そして一度も返済をしていないのなら、最終返済日を確認してみてはいかがでしょうか。請求書の内容を見てみるとすぐにチェックできます。

 

ただ、直接貸金業者に問い合わせるのはNGです。返済の催促をされることになって支払うといってしまうと、債務承認となってしまって時効が中断されます。時効の主張ができなくなってしまう理由を自分から作らないのは基本中の基本です。

 

信用情報機関が保有している個人信用情報の開示請求するのも一つの手で、正確に把握できるでしょう。

 

消費者金融からの借り入れを行っている方は、借金状況はもちろん、その他の情報に関してもしっかり入手することに意味があります。時効が消滅するまでの期間も正確に把握しておけば、大きなプラスに繋がる可能性もしっかり秘めています。

 

ただ、覚えておかないといけないのは、借金の時効成立は現実的ではない点です。

 

様々な理由がある中で最も大きいのは、貸金業者も借金の時効成立を狙う方がいるのを予測していることでしょう。

 

借金の時効成立を狙うのは無理に等しい

消費者金融からの借り入れを行い、そしてあわよくばそのまま返済をせずにチャラにしようと思う方もいるものの、これは現実的ではありません。大きなポイントになるのは、時効には中断がある点です。

 

この時効の中断とは、一定の事由が起こった場合に時効の進行が中断してしまうことで、時効期間がリセットされてしまいます。

 

もちろん、貸金業者もこの点をしっかり熟知しているため、リミットとなる5年間の間でしっかり適切な対応をするものです。

 

時効の中断事由の代表的なものとしては、債務承認や債権者による請求です。裁判上の請求が起こると、判決確定日からあらためて10年が経過しないと時効が完成しなくなるというのも注意点で、裁判の判決が確定した場合には確定判決にもとづく債権となり、借金の時効期間が10年となります。

 

この10年ごとの裁判を繰り返すと、永遠に借金の時効は完成しません。

 

時効期間進行中に借金があることを認め、少しでも支払いをしてしまうと債務承認となります。初めからのカウントになってしまうだけの条件はたくさんあると認識しておいた方が良いでしょう。だからこそ、消費者金融の借金を時効によって踏み倒すのは現実的ではありません。

 

借りたお金はしっかり返さないといけない仕組みは確立されており、個人の場合でも適切な対応をすれば、踏み倒されることはなくなっていくものです。借金の時効成立を狙うのは非常に難しいだけの理由は確かにあります。

 

今の時代においては借金の時効成立を待つという方はそう多くはないものの、借金問題を抱えている方は心のどこかで頭に思い浮かべてしまうという部分もあるでしょう。

 

そもそも時効の効果を得るためには時効援用が必要になります。時効を援用するために、特に定まった様式はありません。口頭で伝えるのも可能となります。ただ、時効援用通知をするにあたって、やはり確実に証拠が残る方法で行うのが望ましいです。

 

そのための方法となるのが内容証明郵便を利用する方法となります。

 

送付するものと全く同じの控えが残るタイプであり、発送日の確定日付を入れてもらうことも可能となります。確実に時効援用するための方法は確かにあるものの、あくまでも前提となるのは借金の時効を迎えるのはまずあり得ないということです。

 

この点をしっかり頭に入れておかないといけないのは間違いありません。

 

時効成立を待つなら債務整理をしたほうが良い

借金問題が時効成立をもって解決するのはそうないことであるのは理解できたはずです。これはプロミスだけに該当する話ではなく、全ての貸金業者からお金を借りた場合にいえることとなります。

 

借金に時効が完成し、そして時効援用通知を送って借金を免れるものの、デメリットも確かにあります。借金を長期で延滞している状態であるからこそ、個人信用情報に自己情報が登録されることになります。

 

仮に時効援用通知を送っても、事故情報を消してもらえません。ローンやクレジットカードを利用できない状態が続いてしまうということです。

 

また、時効援用した場合には過払い金請求ができない場合も多くなります。本来は過払い金が発生しているケースでも、そのことに気づかず過払い金請求ができなくなってしまう可能性が高くなるリスクはしっかり覚えておかないといけません。

 

借金を延滞した場合は催促が来るのが当たり前で、電話や郵便などによっての取り立てが行われます。

 

債権者の自宅を訪れることや勤務先に電話をするといった行為は禁止されているものの、それにたかをくくって、連絡を途絶えさせるのは得策ではありません。この場合、内容証明郵便で一括請求書が送られてくることになります。

 

そして、債権回収業者に債権譲渡されてしまうこともあります。裁判を起こされた場合、支払い命令の判決が出て債務者の預貯金や給料などの財産を差し押さえられてしまうと、まともに生活ができなくなってしまうのは想像に難しくはないでしょう。

 

時効成立を待つのなら、債務整理をした方がずっと良いのは間違いありません。

 

借金問題を抱えている方の多くは債務整理の存在をしっかり頭には入れているでしょう。しかし、具体的にどういったものであるのかを認識している方は少ないものです。

 

債務整理をした場合にはメリットデメリットがあります。

 

もちろん、これはそれぞれの方法にいえることで、それぞれの借金問題に対して適切な方法を選択すれば、それでしっかり大抵の借金問題を解決できます。

 

どの方法を選択するかという問題にはなるものの、基本的には専門家に相談した上で解決を目指すのが良いでしょう。どの方法であっても専門家に相談すれば、何も面倒なことはありません。面倒な手続きも全て専門家が代行してくれて、さらには適切な方法を選択してくれます。

 

債務整理を依頼すれば、借金返済の催促が止まることも大きなポイントです。

 

借金の返済に迫られる生活を送っていると、当然ながら借金のことが頭から離れなくなってしまうものです。専門家が債務整理手続きに介入した場合、貸金業者には制限がかかります。

 

それは、債務者に対して直接的な取り立てをしてはいけないというものです。精神的に楽になる大きな理由であるのは間違いなく、生活を立て直すという意味においても大きなプラスになるでしょう。

 

任意整理している間に、生活を建て直すことが出来る

生活を立て直しつつ、借金問題を解決していきたいと思うのなら、債務整理の中の任意整理を選択するのが良いでしょう。

 

任意整理の特徴としては、債権者と直接交渉をし、借金返済額と返済方法を決め直して合意するというものです。

 

利息制限法を超えていたのなら、借金返済額を大きく減額できるのが大きなメリットであり、過払い金の有無が判明する場合もあります。さらに、将来の利息をカットできて、手続きが始まると催促が止まるというメリットも大きいです。

 

決して任意整理を必ずしも選択しないといけない訳ではありません。他の方法を選択する手もあるものの、あくまでも生活を立て直しつつ、借金問題を解決していきたいと思うのなら適しているといえるのは間違いありません。

 

任意整理を選択した場合、やはり大きいのは気持ちを落ち着けての生活を送れて、生活の立て直しに適していることです。

 

実際に借金問題を抱えたことがある方は分かっている通り、借金があると精神的に冷静にいられなくなる部分もあるものです。気持ちを落ち着けて借金問題に対応できない方が多数いるのはこの部分が大きいといえます。

 

特に家族に内緒にしているのなら、借金問題をなんとかして解決しないといけない気持ちは余計に強まっていくものです。

 

任意整理を選択すれば、現状の生活レベルを維持しつつ借金問題を解決できるのが大きなポイントになります。他の方法を選択すれば、今の生活は維持できなくなってしまう場合もあるものです。

 

家族に借金がばれてしまう危険性がなくなり、しつこい催促がなくなっただけでも精神的に楽になっていくものです。

 

任意整理を選択するのなら、専門家に相談をするのが一番で、専門家は力強い味方となってくれるでしょう。

 

専門家がいれば、任意整理以外の選択も可能であり、ご自身の状況に最も適切な方法を選択してくれます。気持ちを落ちつけた上での生活を送ることの重要性はいうまでもありません。

 

どういった理由にしても、借金問題を抱えているということが生活を送るにあたってのマイナスになるのは間違いありません。

 

債務整理をしたことによって、貸金業者は債務者に直接取り立てができなくなるというルールがあり、これだけでも生活は大分楽になるでしょう。実際にご自身が借金問題を抱えているかどうかは別として、やはり借金問題を抱えている方の精神状況はしっかり把握しておいた方が良いといえます。

 

借金問題を抱えているというだけで、不安はどうしても覚えてしまうものです。まして、借金をしっかり返済できないと感じているのなら、その不安は大きくなっていくものです。

 

しかし、借金問題は当事者だけではどうにもならない場合も少なくありません。そしてその内何とかなると考えてそのまま放置してしまう方もいるのが事実です。これが借金問題でどんどん深みに陥ってしまう理由の最たるところであり、しっかり理解しないといけません。

 

今現在、借金問題を抱えている方で、既に返済していくのが危ういと考えている方もいるでしょう。あるいは、その内何とかなると思っている方もいるものの、危ないと思ったのならすぐに専門家に相談するのがベストです。

 

当事者が自分だけで冷静な判断をしようとするのは無謀であり、結局傷口が深まってしまう可能性が高まります。借金問題を抱えている方は、いかに借金をしていない前の段階のような生活に戻れるかということを考えるべきです。

 

借金問題は放置しておけばそれだけ解決するのが難しくなっていくのが特徴となります。最も考えるべきは当然ながらお金を借りる段階でしっかり返済していけるかどうかです。限度額がいくらという考え方をしている方もいるものの、これは大きな間違いになります。

 

限度額がどうということではなく、返済ができるかどうかを第一に考えないといけません。

 

返済が仮にできると思っても、生活状況というのは変わっていくもので、返済ができなくなってしまうこともあるでしょう。生活が変わったときに返済ができなくなってしまうと、当然借金問題はどんどん深刻化していくのはいうまでもありません。

 

任意整理をすれば、少なくともそのときの取り立てに頭を悩ませることはなくなります。その上で生活レベルを変えることなく借金問題を解決が大きいです。自宅に電話や郵便が届くこともなくなって、生活に余裕も生まれてくるでしょう。

 

借金問題を抱えている方が生活を立て直すのは決して簡単なことではありません。どういった方法を選択するにしても、債務整理についてはしっかり考えておいた方が良いでしょう。

 

債務整理をするのは最も良い選択であるかどうかは分からないものの、債務整理をして決断をした方が良い場合は決して少なくありません。

 

それだけ普段の生活の中で借金を返済していくのは難しいということです。実際に生活を立て直せずに、誰かに頼って解決しないといけなくなってしまう場合も少なくないのが事実です。

 

任意整理は債権者と直接交渉して借金返済額と返済方法を決めるという特徴があります。

 

ご自身で債権者と交渉していくのが難しいと考えるのなら、なおのこと専門家に依頼しての対応が望ましいといえます。相手もプロフェッショナルであり、相手の良いように話が進んでしまう場合もあるもので、これを避けるという意味においても専門家に依頼するのは大きなプラスといえるでしょう。

 

専門家に依頼して本当の意味で解決できるかどうかはそれぞれの状況によって大きく変わっていくため、確実とは言い難いです。ただ、当事者だけで解決するよりもずっと解決できる可能性は高まるのが事実です。

 

借金を返済する気持ちがあったにしても、肝心となるのは返済していけるかどうかでしょう。返済していけないのなら、任意整理で借金返済額を大幅に減額することに意味があるといえます。

 

もちろん、過払い金が発生している場合は過払い請求をすることも可能であり、この部分に関しても専門家に依頼して対応すれば全く問題ありません。債務整理と聞かれても、多くの方は具体的にどういった内容のものであるのかを分かっていないのが普通です。

 

しかし、債務整理をしないといけない状況の方も多数いるもので、借金問題を抱えている方の中には既ににっちもさっちもいかないと分かっている方もいるでしょう。そういった方にすぐに専門家に相談をした上で適切な対応をするのが望ましく、場合によっては手遅れになってしまうこともあります。

 

任意整理を専門家に依頼して対応するとなると、お金がかかってしまいます。

 

ただ、総合的に考えると依頼するだけの価値があるのはすぐに分かるはずです。やはりそれぞれの状況を加味した上で適切な対応をしてくれるのが大きなセールスポイントになります。任意整理をしたことによって生活を立て直せて、大きなプラスになる場合も少なくありません。

 

借金問題の専門家に依頼するメリット

借金問題の専門家に依頼するメリットとしては、まず全てにおいての適切な対応ができるのが大きいです。借金問題は多くの場合で当事者だけで解決するのは難しいです。

 

実際に借金を延滞して催促がきて、にっちもさっちもいかなくなった経験がある方もいるでしょう。借金をする段階ではしっかり返済をしていけると思ったものの、生活状況が変わって対応できなくなってしまったというケースも少なくありません。

 

借金問題を抱えている方にとって、催促は非常に頭を悩ませる問題となります。対応を間違えてしまうとブラックリスト入りしてしまう可能性もあるため、適切な対応が何よりも大切といえるでしょう。

 

借金問題を当事者だけで解決できるのなら、借金問題は多くの場合で深刻化していないはずです。しかし、もうにっちもさっちもいかないと判断されているのなら、既に誰かの助けが必要といえるだけの段階といえます。借金問題の厄介な点は放置すればそれだけ問題は深刻になっていくことです。

 

放置してしまって後に後悔された経験がある方も実際にいるもので、そうならないように適切な対応を心がけるのが望ましいといえます。仮にブラックリスト入りしてしまうと、ローンやクレジットカードの利用が一切できなくなってしまうデメリットがあります。

 

これは当然ながら本意とは言えないもので、人生においての大きなマイナスになってしまう可能性もあるでしょう。今後の人生で、本当にローンやクレジットカードを利用したいと思うときに、まったく利用できなくなってしまう恐ろしさは想像に難しくはないはずです。

 

本来でいえば、借金をせずに貯金をしながらその中でやりくりをするのが一番です。ただ、とはいってもそうはいってもいられない状況もあるのが人生といえるでしょう。急に結婚式に招待された、旅行のお誘いがあったなどの理由で、お金がすぐに必要になる場合も少なくありません。

 

消費者金融などからの借金は生活を送るためにはするものではなく、突発的な出来事に対応するためのものとするのが望ましいといえるでしょう。ただ、借金をしないとにっちもさっちもいかなくなってしまう可能性は誰しもにあります。

 

急な出費はもちろん、仕事が首になってしまったなどの理由で頭を悩ませる方もいるでしょう。これが借金問題を深刻化させる理由となるのは間違いなく、結果的に借金をしないと生活が送れないという状況になってしまう場合もあるものです。

 

問題となるのは、借金をしっかり返済していけるかどうかを見極めることです。

 

お金を借りる段階で初めから踏み倒すことを考えている方は決して多くはないでしょう。ただ、生活状況が変わった場合はまた別です。当事者だけではどうにもならなくなってしまう可能性は誰しもにあるからこそ、どういった対応をしないといけないかを考えないといけません。

 

当事者が冷静に判断できるのなら問題ないものの、多くの場合で冷静ではありません。借金を放置してしまう場合もあれば、借金をしているのに自分の貯金かのように思えてしまうという方もいるでしょう。

 

どちらであっても、借金問題を深刻化させてしまう理由になるのは間違いありません。だからこそ、専門家に依頼しての対応が望ましいといえます。大きなプラスになるのは、厳しい取り立てがストップとなる点です。

 

取り立ての電話や郵便があることが、精神状況を悪化させてしまう理由になってしまうのは想像に難しくはないでしょう。貸金業者は貸金業法従う必要があります。専門家が仲介することで、厳しい取り立てに頭を悩ませることはなくなり、そして冷静になって借金問題を解決しようという気持ちになるのも大きいです。

 

借金問題が深刻化してしまっている方の多くは、現状を把握してはいないでしょう。現状を把握しているのなら、とっくにどういった対応をすれば良いかを理解し、実行にうつすのが基本となります。借金問題は決して甘く見てはいけません。

 

まだ大丈夫と思っているときには、既に対応が遅れてしまっている場合もあるのが事実です。

 

これは多くの借金問題を抱えている方を解決に導いた専門家は良く分かっていることで、何か問題を抱えているのならまずは相談をしてほしいと思っています。相談をするだけなら一切お金がかからない事務所も実際に存在しており、お金の面に不安があるのなら、適切な事務所を選択するようにすれば良いでしょう。

 

借金問題を抱えている方で最悪となるのは、自己破産以外の選択ができなくなってしまうことです。自己破産をすれば、借金を返済する義務はなくなります。ただ、不動産や車などの財産を手放さないといけなくなり、今まで通りの生活を送ることはできなくなってしまいます。

 

特に家族がいる方にとってはこれは何としても避けたいと思う状況といえるでしょう。もちろん、今後ローンやクレジットカードを利用ができなくなってしまうという点も重要で、本当に借金をしたいと思うときにできないのは生活を送る上で大きなマイナスであるのは間違いありません。

 

借金問題は根本からの解決をしないと、何も変わっていかないという特性があります。

 

放置しての時効を狙うのは現実的ではなく、債務整理によって解決する方法が適切といえるでしょう。債務整理は借金問題を抱えている方にとって大きなプラスとなる制度です。

 

特に任意整理の場合は、債権者と直接話し合いをした上で、借金返済金額と返済方法を決め直す手続きとなるため、今まで通りの生活を送るという部分が損なわることはありません。

 

債権者は何もせずとも、全て専門家がしっかり対応してくれるのも心強いと思う点であり、借金総額が少なくなる可能性もあれば、過払い請求ができる場合もあります。様々な角度から借金問題を解決するための方法を模索し、その上で適切な方法を選択することができるのは専門家だけといっても過言ではありません。

 

借金問題を多くの方が専門家に依頼しての対応をしているのはこの部分が大きいといえるでしょう。現状を把握し、その上で適切な方法を選択できるという方はそう多くはありません。そもそも、借金問題が深刻化してしまっているのは、自暴自棄になってしまう部分も大いにあるものです。

 

しつこい督促がなくなることで、精神的にも楽になります。

 

借金問題は冷静に対応しないといけないものの、自暴自棄になってしまう方が多数いるのが事実です。任意整理の交渉をしてもらっている間に、気持ちを落ち着かせて生活を立て直すというのは非常に重要なことであり、借金問題を抱えている方はまずは専門家に依頼しての対応が望ましいといえるだけの理由になります。

 

いざ専門家に依頼しての対応をするのなら、まずは身分証明書が必要になります。

 

そして、契約書や振込入金履歴やローンカードなどもあれば望ましいです。督促状や内容証明郵便がとどいているのなら、その資料に関してもしっかり持参しましょう。

 

また、債権譲渡通知書や差押決定通知書などがある場合にしても持参していけば大丈夫です。貸金業者としっかり借金額についての話し合いをするためには、必要となる書類をしっかり持っているのが大切であり、依頼された専門家も状況を正確に把握した気持ちがあります。

 

債務整理に強いというのがセールスポイントの専門家は決して少なくありません。自宅や職場の近くの事務所に該当するところを見つけるのはそう難しくはないはずです。

 

相談だけなら何度でも無料という事務所も実際に存在しています。

 

相談をしたとしても、そのまま依頼するかどうかはご自身に決める権利があるため、借金問題を抱えている方はまずは無料相談をするのが良いでしょう。

 

借金問題を抱えている方にとって、専門家の存在は本当に大きいと思うものです。専門家がいないと解決できないことも決して少なくありません。実際に多くの借金が大幅に減額された、あるいは0円となったという事例もあります。

 

借金問題で専門家に相談するメリットは多数あるものの、デメリットに関しては全くないというのが肝となります。複雑な手続きを全て弁護士がしっかり対応してくれて、交渉に関しても弁護士任せで問題ありません。

 

相手も専門家であるからこそ、こちらも専門家を代理として交渉した方がスムーズになっていく可能性は高まるものです。借金の将来利息のカットに応じてくれないというケースも実際にあり、交渉は専門家であるのが望ましいといえます。

 

当事者が対応したとしても決して間違いではないものの、満足ができるだけの結果となるかどうかは交渉次第となります。

 

任意整理の大きな特徴となるのは、交渉次第で結果が大きく変わっていく点です。ほぼ確実に将来利息のカットをしてもらえるというメリットは非常に大きいのはいうまでもありません。

 

長きに渡っての借金問題を解決できるプロフェッショナルに依頼しての対応によって、平穏な日々を取りもどしたという方も決して少なくないです。

 

利息制限法に引き直し計算をし、適切な返済計画を立てるという条件があるのなら、しっかり借金問題を解決しようと思う方もいるでしょう。

 

当事者では対応できないことも専門家なら守備範囲が広くて適切な対応ができるようになるのが事実であり、もっと早くに専門家に依頼しておけば良かったと思って後悔したことがある方も少なくありません。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!