毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法

MENU

毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法

私たちは様々な場面でカードローンやキャッシングなどでお金を借り入れることがあります。借りたものは返していかなくてはなりません。しかし貸し付けを仕事としているところから借り入れを行うと借り入れた金額分である元金とは別に利息の返済が要求されます。

 

そしてその返済を行うときにはさまざまな返済方法がとられています。

 

その方式次第では利息の支払いが多くなってしまい、元金の返済がなかなか進まない場合もあります。また元金の返済が進まないがゆえに返済が長引き、かつ利息の支払い金額が大きくなり、総返済額が多くなってしまいます。

 

ここでは借金はできればしないことが最善ですが、必要になったときにどんな返済方式があり、様々な返済方式の長所や短所一般的にどの返済方式が多く採用されているかなどを説明していきます。

 

また返済できずに自己破産に追い込まれないように気を付けるべきことも紹介します。

 

減らない借金の返済方式

毎月きちんと返済しているのに借金が減らないというのは原因として元金が減っていない可能性があるということがあります。債権者がそれぞれ採用している返済方式によって借金の減り方には差が出ます。その返済方式は名前が様々あり、組み合わせることで成立しています。

 

具体的にはまず、分割払いかリボ払いかを選び、その中で元金均等返済か元利均等返済かと定額返済か定率返済かの組み合わせがあり、それに加え残高スライド方式を採用しているなら、毎月の締め日か最終借入時の残高で返済金額が変動するというものが組み合わされることで返済方式ができています。

 

また多くの消費者金融は借入時残高元利定額リボルビング返済方式という毎月定額で支払いができるリボルビング払いのうちの最終借入時の債務残高から元利の返済定額を設定し、返済を行う方式を採用しているところが多いです。

 

方式の違いだけでなく各社の返済金額の設定の仕方などでも総返済額は大きく違ってきます。

 

クレジットカードの返済方法

カードローンの返済方法として一括払い、リボ払い、クレジットカードの返済方法として一括払いとリボ払い、さらに分割払いがあります。

 

一括払いはその名の通り一回で借金を返済してしまう方法であり、分割払い、リボ払いは数回に分けて借金を返済する方法です。

 

ここでは分割払いとリボ払いを説明します。

 

まず分割払いはクレジットカードで買い物をした際にその金額を何回払いにするか回数を指定し、その回数分で等分した金額を毎月返済する方法です。

 

分割払いによる返済期間中に新たにクレジットカードで買い物をした場合、一括であればその金額、分割であれば等分した金額が返済額に上乗せされていきます。

 

そのため、返済金額にばらつきが生まれ、返済が厳しい月が出て来る可能性がありますが、自分で回数を指定するので返済期間が明確である返済方法です。

 

分割払いにするには金利手数料がかかります。多くのクレジットカードは三回払い以上の回数での返済において手数料がかかります。手数料を安く抑えるためには短期で返済してしまうことが必要です。

 

金利手数料は年利で表示されており、年利とは一年間借り続けた場合にそのすべてが金利として請求されるので短ければ短いほど金利手数料は安くなります。

 

また、クレジットカードによって分割できる回数が異なるので注意が必要です。

 

クレジットカードでの支払いで分割払いが利用できるかどうかはその加盟店の判断によります。その為、店舗によっては一括払いしかできないことがあります。そして分割払いにできる最低金額は一般的に千円から三千円で、あまりに小さい金額では分割払いはできません。

 

リボ払いは正式の名前をリボルビング払いといいます。

 

カードローンでは上限金額内であれば何度でも借り入れができますが、リボ払いであれば借りるたびに返済回数や金額を設定する手間がかからず月に一定金額で支払いを行うことができます。

 

分割払いのように支払いが重なって返済が厳しい月ができてしまうことがない代わりに一定金額しか返済していかないので返済期間がわかりづらくなってしまうデメリットもあります。また、金利手数料が分割払いより高額になってしまうことも利用時には気を付けなくてはなりません。

 

しかしリボ払いでも手数料を抑える方法があります。

 

それは繰り上げ返済です。例えば一か月目は定額を返済し、二か月目に繰り上げ返済を行って返済をすることで返済期間を短くし、金利手数料を抑えることができます。

 

しかし繰り上げ返済をする際に注意しなくてはならないのが繰り上げ返済をした月でもその返済金の中に定額の返済は含まれないということです。定額の返済は別に請求されるので繰り上げ返済で定額の返済ができないということがないようにしなくてはなりません。

 

分割払いでも繰り上げ返済はできますが、電話しなくてはならないなど手間がかかったり、事務手数料を取られる場合がありますが、リボ払いはウェブなどで簡単に繰り上げ返済や返済金額の変更をすることができ便利です。

 

また、買い物の際に一括払いにしたものなどをウェブでリボ払いに変更できる場合もあります。リボ払いは月の返済額の変動がないのでお金に余裕のない人ややりくりが苦手な人に適した返済方法といえます。

 

まず返済方式を知ろう

まず元金とは借り入れたお金のことであり、元利は元金と利息のことを指し、場合によっては元金と利息を足し合わせた金額のことを指します。

 

個人から借りる場合は返済額を等分し手」返済していけますが、貸し付けが商売であるところから借り入れを行うとその金額に対する利息が発生するので単純な割り算で月の返済額が算出できなくなります。

 

元金と元利の返済方法として元金均等返済方式元利均等返済方式があります。これらは固定金利か変動金利であるかでも多少変わってきます。

 

まず固定金利の元金均等返済方式です。

 

この方式は返済する元金の金額が一定であり、そこに債務残高に対応した利息が計算されます。

 

この方式では元金返済が定額なので債務額が確実に減っていき、それに応じて利息も減っていくので利息の減りが早く、総返済額が少なくて済みます。この方式のデメリットは初期の返済額が大きいことです。その為借り入れを行うときはその返済金額を手元に持っておけるようにやりくりをしなくてはなりません。

 

次に固定金利での元利均等返済方式この方式は月々に返済する金額が一定です。

 

その一定金額の中で元金と利息の割合が債務残高によって変動します。債務残高が大きい初期では返済額に対する利息の割合が高く、元金の返済が進みにくくなっています。
返済金額が一定であるために計画的に返済を行うことができますが、元金の返済が進まないと利息も下がりにくく、総返済額が大きくなってしまうのがこの方式の欠点です。

 

この方式で返済額を小さくするには繰り上げ返済が有効です。

 

特に元金の返済が少ない初期段階で繰り上げ返済を行うと利息軽減には大きな効果が期待できます。

 

一般的に、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは返済方法が決められていることが多く、利用者は返済方法を選択できない場合があります。そして銀行カードローンや消費者金融のキャッシングはこちらの元利均等返済方式を採用しているところが多くあります。

 

変動金利型の元金均等返済方式は金利が返送するとその都度返済額が変わります。

 

しかしその変動する金額は利息分だけなので元金の返済速度は変わることなく返済ができます。

 

したがって返済の先送りや利息の未払いなどが起こることはありません。しかし金利が急激に増加した場合、返済額が大きく増額する可能性があります。

 

変動金利型の元利均等返済方式では金利の見直しが半年に一回あるのですが、返済額の見直しは五年ごとに行われています。

 

見直しの段階での債務残高と残年、金利で月々の返済額は見直されます。五年で返済額が見直され返済額が増額しても、その返済額は今までの1.25倍までにしかならず、それを超えた分は先送りされるので返済額が急激に増えることはありません。

 

しかし、五年間返済額が変わらない間に金利が上がった場合、返済金額の家の利息の割合が上がり、元金の返済が滞ることになります。

 

それにより返済が長引き、さらに五年たって返済額の見直しがされたときに債務残高次第では、金利は上がらずとも返済額が上がる可能性があります。

 

債務残高によって返済定額が変動する方式

残高スライド方式とは債務残高に応じて返済定額や返済定率が変化する返済方法です。残高スライド方式には毎月の締め切り日現在の債務残高から返済額が変動する残高スライド返済方式と最終借入時の債務残高によって返済金額が変動する借入後残高スライド方式というものがあります。

 

残高スライド返済方式は多くの銀行カードローンで採用されている方式です。毎月の締め切り日段階での債務残高によって最低返済額が決定されます。

 

借入後残高スライド返済方式は消費者金融に多く使われている方式で、最後に借り入れた時の債務残高から返済額が決定され、返済が進み、残高が減っても返済額には影響を及ぼしません。

 

どちらも返済額を小さくすることで一回の返済が楽になる点はメリットとしてありますが、それにより返済期間が延び、支払う金利も増えることになるので注意が必要です。

 

また、会社によって債務残高に対する返済額が異なり、総返済額も変わってくるので見極めて借り入れを行わなくてはなりません。繰り上げ返済を行うことで返済期間を短くし、さらに支払う利息を減らすことができますが、繰り上げ返済を行う際には利息金額以上を支払う必要があることも気を付けなくてはなりません。

 

残高スライド方式はさらに定額方式と定率方式がありそれぞれに元金均等返済方式と元利均等返済方式があります。

 

定額返済はその名の通り返済額が定額であり、定率返済は借り入れの回数、残高に関わらず借り入れ金額に対して一定の割合の金額を返済する方式です。

 

残高スライド元利定額返済方式は最も採用が多く、残高によって元金と利息を合計した元利の返済額が債務残高によって変動します。

 

元金定額返済方式は元金の返済額が段階的に変動し、それに利息を加えた金額が全体の返済額になります。

 

残高スライド元利定率返済方式は元利の返済額を残高の何割にするかを定め、残高によって返済額が変動する方式です。元金定率方式は元金の返済額を同じように設定します。

 

元利均等方式では残高が減っていくにつれ小さくなっていく返済額の中に金利も含まれているので返済スピードが遅くなります。

 

元金均等方式であれば減っていく元金返済額に利息が追加されているので確実に債務は減っていきます。高額で長期にわたる、住宅ローンなどでは元金と元利が大きな影響を返済金額に与えますが、カードローンやクレジットカードの返済は毎月の返済額が総返済額に大きな影響を与えます。

 

破産しない返済方式はどれ?

クレジットやカードローンは便利ですが、利用方法を誤ると破産に追い込まれてしまいます。そうならないためには利用方法には注意が必要です。

 

まずクレジットカードの利用で破産しないようにするには保有枚数を減らすことです。枚数が多いと全体の利用金額やそれぞれの支払日を把握することが困難になります。また、利用していないカードは解約してしまうことです。

 

そして現在持っているクレジットカードが限度額を超えそうだからと安易にカードを増やすことはあまり好ましくありません。また、クレジットカードの利用限度額を下げておくことです。使える金額が小さくなれば使い込みを防ぐことができます。

 

支払いの際には一回払いで支払える金額に抑えることも破産を防ぐ一つの方法です。

 

一回で支払うことが厳しいと感じる金額は家計収支で補える金額を超えている可能性があります。

 

臨時の出費が数か月後にある場合は購入をひかえたり、削れる部分を探してみるのも一つの手段です。クレジットカードにはボーナス払いという、ボーナスがでる夏や冬まで返済を先送りしそこで一括で支払う方法があります。

 

この方法は基本的には利息が付かないので魅力的な返済方法に見えますが、ボーナスは社会や勤務先の経済状況では出なかったり、想定していた金額より少ない場合があります。

 

そう言った場合、返済ができません。ボーナスは出る前に当てにするのではなく、出た後に手元に置いて買い物をするのが最善です。

 

またショッピングの手数料やキャッシングの利息、遅延損害金が何%取られるのか正しく把握しておくことが必要です。

 

更にこれらが銀行のローンや消費者金融にカードローンと比較してどの程度差があるのかを知っておくと無駄なく利用することができます。

 

クレジットカード内のキャッシング枠は金利が高く設定してあるのが基本なのでなるべく使わない方が賢明です。クレジットカードを利用するときは自分でルールを作り、その中で利用することで制御できるかもしれません。

 

カードローンで破産しにくい利用方法はカードローン場合、利息が高い場合が多いので計画的にお金をためて支払うことができるのであればそもそもカードローンを使わないことです。

 

そうすれば余分な利息を払わずに済みます。本当に必要な時だけ利用しましょう。どうしても必要だというときはきちんと返済シミュレーションを立てて借り入れることが重要です。カードローンは銀行系か消費者金融系かでも金利が異なってきます。ですから低い金利で利用できるところを探すのが重要です。

 

中には甘い言葉で誘ってくる無登録業者がいますが、まず無登録でお金を貸し付けることは違法ですし、トラブルに発展するケースが多いので借りないことが賢明です。

 

クレジットカードと同様、利用件数、金額が増えていくと全体を把握できなくなっていくのでなるべく借りないのが最善です。カードローンにはおまとめローンと呼ばれる様々な所から借り入れている借金を一つにまとめて編纂する方法があります。

 

借金が一つにまとまり管理しやすくなり、まとまることによって金利が下がる可能性があります。しかしおまとめローンを利用する多重債務者は信用が低く、金利が思ったほど下がらない可能性があります。

 

また、ものによっては個別の返済の方が、利息が低いものもあるので安易にまとめてしまうのでなくきちんと精査してから対応することが重要です。総返済額を減らすためには繰り上げ返済を行うことを心がけることが重要です。

 

カードローンによっては無金利期間のサービスがある会社もあるのでそれを利用し、その期間中にまとめて返済してしまうという手もあります。

 

返済の為にほかの貸し付け業者から借り入れを行ってはいけません。そういうことが必要な状況はもはや破綻しているといえ、この方法は返済額が減るどころか雪だるま式に債務が増えていくのが目に見えています。

 

ほかの業者からの借り入れで借金を返済している、いわゆる自転車操業をしている人は弁護士や司法書士に相談することで最善策を提案してもらえます。

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!