借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?

MENU

借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?

借金をしたものの、返済するだけの余裕がなく、返済期日をオーバーしてしまった際、そのまま無視してしまうと、様々なトラブルを引き起こします。

 

最初のうちははがきなどの連絡程度で済むでしょうが、じきに電話連絡が入るようになり、色々な時間帯に連絡が入るようになったりと、取り立ての頻度が増えていき、最終的には裁判に発展します。

 

当然借金を返済していない以上、裁判になればこちらが圧倒的に不利になるので、取り返しの付かない事態に陥る前に、どうやって借金を返済するか考えてみましょう。

 

借金の取り立てを無視するとどうなる?

借金の取り立てを無視する人は意外と多いと言います。もちろん最初のうちは、まじめに返済していた方がほとんどですが、ちょっとしたミスで返済が遅れたことをきっかけに、ずるずると返済を滞らせるようになり、取り立ても無視するようになってしまうのだそうです。

 

取り立てが意外とおとなしいことも、意外と大丈夫なのかという誤解を招く要因になっているようですが、決して勘違いしてはいけません。

 

取り立てが大人しいのは、返済を無視されたときにどう対処するべきかを把握しているからで、そのまま放置していれば、いずれ大きなトラブルに発展するでしょう。

 

まず借金の取り立てについてですが、取り立てが行なわれていなくても、すでに問題は発生しているといえます。

 

まず借金をして返済が遅れた場合、債権者に発生した損失を補填するために、遅延損害金の支払いが必要となります。

 

遅延損害金は返済が一日遅れるごとに増加していき、限度額である原本の20%増しの返済金を支払うことになるでしょう。

 

もともとの借金の返済すら出来なかったのに、そこから多額の遅延損害金を支払うことはほぼ不可能なので、そもそも借金の返済が遅れそうなときは、早めに債権者に連絡しておきましょう。

 

最近のローン商品の場合、返済期日を変更してもらったり、返済プランを変更させてもらうことで、現状でも返済できる状況を作れます。

 

たとえば一回払いが出来たはずが、事情によって出来なくなったときなどは、早めに連絡して分割払いにしてもらえば、多少金利が増えますが、返済が遅れることはなくなるでしょう。

 

借金の返済が遅れると、そのことを知らせるための連絡が始まります。

 

基本的にははがきが送られたり、電話連絡が入る程度で、直接取り立てに人が来るようなことはありませんが、そのまま無視を決め込んでいると、裁判所からはがきが送られます

 

このはがきは、債権者が債務者に対して支払いを命じるために裁判を起こすことを知らせるためのものです。このはがきが送られてから2週間以内に異議申し立てを行なわなければ、最悪財産の差し押さえなどが行なわれます。

 

というのも、裁判所からの命令を無視した場合、債権者が提示した条件に同意したと見なされるため、たとえ文句があったとしても、差し押さえを留められなくなってしまいます。

 

とはいえ裁判を申し出たとしても、こちらが圧倒的に不利なのは間違いないので、結局は多額の賠償金を支払うことになります。

 

はっきりいって裁判にまで発展してしまうと、ほとんどどうすることも出来ません。

 

一番の対処法は借金をせず、もし借りてもすぐに返済することですが、それが出来れば苦労はないので、裁判を起こされる前に、債務トラブルに強い法律事務所に相談して、どう対応すればよいか教えてもらいましょう。

 

うまくいけば無理せず払える返済額で、溜まった債務を返済できるかもしれません。

 

取り立てで禁止されている事

借金を返済せずにそのまま放置すると、最終的には裁判に発展し、遅延損害金も含めた多額の借金を返済することになります。昔の借金の取り立てのイメージといえは、裁判による決着を進めるよりも、怖い人が家にまで押しかけて、借金の返済を催促するというものでしたが、現在ではまず見ることのないスタイルです。

 

同じ借金の取り立てでも、電話連絡や文書といった顔を合わせない方法より、直接人が向かったほうが確実に話を聞いてもらえそうですが、この方式が行なわれない理由とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

昔は自由に借金の取り立てが行なわれていましたが、時代が進むにつれて債務者を守らなければならないという考えが広まるようになり、徐々に直接行なう取り立ての頻度が減ってきたといいます。

 

そのためはがきや電話連絡など、比較的穏便な連絡方法が使われるようになりましたが、小規模な金融会社の場合、いまだに昔ながらの取り立てを行なっていることがあるようで、それが元で新しいトラブルに発展しています。

 

基本的には大手の金融会社を利用していない方がほとんどなので、あまり気にすることはないでしょうが、もし法律で認められていない取り立てを行なっているようなら、そのことを弁護士などに相談してどうするかどうか決めてもらいましょう。伝えることで、その後の展開は大きく変わるでしょう。

 

基本的に、現在許されていない取り立てが行なわれた際は、速めに相談してください。

 

禁止されている取り立ての方法にもいくつか種類があり、直接債務者の下に人を派遣したり、職場など、生活に大きく影響するところに電話連絡したりと、内容の細かい違いこそありますが、基本的には債務者の生活に大きな影響を及ぼさないことが求められます。

 

ただし、返済が遅れるなど、何か正当な理由がある場合、電話連絡を通常よりも時間をずらして行なうなど、例外と見なされるケースもあるので、生活に影響すると思っても、すべてが問題ある行為として認められるとは限りません。

 

また、ほとんどないケースではありますが、違法の金融会社などの場合、通常のローン商品よりも高い金利で利益を出すため、取り立てをより厳しくすることが多いです。

 

最終的にはもっと大きなトラブルに発展することもありえるので、自分の身を守るためにも、生活が脅かされるほどの激しい取り立てを受けたときは、法律事務所に相談してみましょう。

 

取り立てする側もしっかり考えがある

借金の返済が遅れた場合、当然お金を貸している債権者の損失となるので、一日でも早く損失を埋めるために、取り立てを行ないます。法律上生活を脅かすレベルの取り立ては行えないという制限はありますが、法律に従う形での取り立ては認められているので、どの債権者も様々な方法で取り立てを行います。

 

借金を借りる債務者側にとっては、取り立てが厳しいと対応が面倒なので、取り立てが易しい貸金会社を利用したいところですが、実際のところ、貸金会社によって取り立ての厳しさは変わるのでしょうか。

 

法律上厳しい取り立てが禁止されたこともあって、貸金会社によって取り立ての内容に大きな差が出ることはなくなりました。

 

最終的には裁判に発展することも変わらないので、基本的にはちゃんと返済期日は守るべきですが、必要以上に取り立てを恐れることもないでしょう。しいて違いを挙げるなら、取り立ての連絡が来るまでの間隔に差が出ることがあります。

 

大手の貸金会社なら、比較的余裕があるためか、取り立てのための電話連絡までの間隔が開くことが多いですが、中小中資金会社だと、返済が遅れると即座に連絡が入ります

 

返済がさらに遅れると、毎日のように連絡が入るようになるので、自分の携帯を連絡先にしていると、仕事の最中にも電話がかかり、仕事の邪魔になるかもしれません。

 

厳しい取り立てはないものの、法律上認められる範囲ではきちんと連絡を入れてくるので、すべての連絡を無視するのは難しいでしょう。それでもかたくなに無視を続けていると、いずれは社員が訪問に訪れます。

 

訪問は法律違反ではと思う方もいるでしょうが、法律では、正当な理由がある場合、訪問などをしても良いとされています。

 

さらに正当な理由については、具体的な決まりがないので、解釈次第では、連絡を無視した次の日には社員が訪問するかもしれません。

 

その代わり、午後9時から午前8時の間は訪問が禁止されていますし、退去して欲しいと願えば、そのとおりに応じるように法律で決まっているので、慌てずに対応しましょう。

 

法律上ドラマのような厳しい取り立てはないにしても、条件次第では毎日のように電話連絡が来ることや、社員が自宅に訪問することも十分にありえます。

 

家族に黙って借金をしているなど、周りに借金をしていると知られたくない事情があるときなどは、まず間違いなく借金をしていることがばれるでしょう。

 

基本的に借金の返済を滞らせる時点で、ルールを侵しているのは自分なので、そのことを肝に銘じて早めに対策を考えましょう。

 

取り立てに居留守を使うより効果的な対処法

借金の返済を滞らせてしまっているなら、一日も早く返済しなければなりませんが、返済できる収入の余裕がなく、やむなく連絡も無視してしまっているという方は、その状態をキープするのだけは絶対に避けましょう。

 

返済が滞ればそれだけ遅延損害金が増加しますし、最終的には裁判に発展し、より厳しい状況に追い込まれるでしょう。

 

返済できないから返済の催促を無視するという方は少なからずいるそうですが、はっきり言ってその選択は大きな間違いです。

 

返済が遅れると毎日のように連絡が入るようになり、自宅に直接訪問されるようにもなります。周りに借金をしていることを知られたくない方は、事前に返済が難しくなったときの対処法を学んでおきましょう。

 

まず返済が難しいと思ったら、早めにお金を借りている金融会社などに連絡しましょう。

 

返済が難しくなったなど、返済に関するトラブルがあったときのために、専門の相談窓口が用意されています。そちらに連絡すれば、どう対応すればよいのか教えてくれるでしょう。

 

連絡するタイミングが早ければ、支払い方法を分割してもらったり、支払日を数日遅らせてもらったりと、何とか返済できるよう配慮してもらえる可能性が高いです。返済が遅れることが怖くて、連絡などを一切絶ってしまうよりも、早めに連絡して誠実な態度を取ったほうが、状況はずっと良い方向に進むでしょう。

 

返済が遅れてしまうと、はがきや電話による催促が始まります。最初のうちは頻度は少ないでしょうが、その後は徐々に連絡の頻度が増えていったり、法律に沿った形で社員が自宅を訪問します。

 

取り立ては法律で厳しくなくなったとは言いますが、それでも毎日のように連絡が入ったり、ご近所に金融会社の社員が自宅にくる様子を見られたりと、大なり小なり生活環境が変わることは間違いありません。

 

こうした連絡を減らすには、返済をするしか方法がないので、返済できる日を伝えて、そのとおりに振り込み手続きを済ませましょう。返済する日をはっきりと決めると、その日まで連絡はなくなります。もちろん約束を破れば再び連絡が始まるので、なるべく早く返済を済ませましょう。

 

取り立てを止めてもらいたいけれど、返済するだけの経済的余裕がないという方は、債務整理も視野に入れて行動しましょう。

 

たまに借金の返済のために他の借金をする方がいますが、そうした多重債務がきっかけで破産するケースは、これまでに数え切れないほど報告されています。

 

早い段階で債務整理を行なうことで、余裕を持って返済できる状況を作り、今までどおりの生活を送れるように出来るので、自分ひとりで悩まずに、周りの力を借りながら問題を解決していきましょう。

 

債権整理をすると取り立て行為が止まります

借金をいつまで経っても返済できず、毎日のように取り立ての連絡がやってくるなど、借金を返済できない状況は、想像以上に精神に負担をかけます。自分ひとりで問題を解決できないときは、無理せず専門家に対応してもらいましょう。

 

債務トラブルに強い法律事務所では、債務整理についての相談も受け付けているので、現状に合わせた債務整理の方法を提案してもらい、手続きを進めていけば、少しずつ状況は改善していくでしょう。

 

まず債務整理の手続きを始めると、一時的に取り立て行為がストップします。

 

債務整理の際は、お金を貸している債権者全員が、公平に返済を行なわなければなりません。そのため誰かが勝手に取り立てを行い、周りより多くの返済額を確保しようとしないよう、債務整理の話し合いが終わるまでは、取り立てが行なわない決まりとなっています。

 

債務整理を行なう側にとっては、取り立てがない生活を久しぶりに送れるので、精神的にも楽に過ごせるでしょう。

 

債務整理の話し合いは、債務整理の方法によって期間が変わります。債権者と相談して、借金の減額や利息の免除などを行なう任意整理は、3ヶ月~6ヶ月ほどで完了するといわれています。

 

裁判所を介して話し合いを行なう個人再生なら4ヶ月~6ヶ月、自己破産なら最長で1年間は話し合いが必要とされています。

 

その間は本当に債務整理を行なってよいかが調査されるので、新たに債務を重ねるような生活は止め、返済資金を確保するために行動しましょう。任意整理や個人再生なら、仕事を続けられるので、返済資金を確保できますが、自己破産の場合、返済のために処分する財産を整理しなければなりません。

 

家や車などの財産を手放すのに必要な書類などを用意しましょう。

 

借金の返済が間に合わないと、色々な形で取り立てが行なわれ、生活環境はがらりと変わります。法律で守られている部分こそあるものの、返済を滞らせている時点で、状況は非常に悪いといわざるを得ません。

 

借金の返済が遅れそうなら、早めに利用している金融会社や法律事務所などに相談するなど、周りを頼ることを意識しましょう。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!