信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?

MENU

信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?

借金を悩まされてしまい、債務整理の依頼を考えている人の中で、「信用情報機関」という言葉を債務整理について調べているうちに目にした人はいるでしょうか。

 

信用情報機関はブラックリスト登録とも呼ばれ、債務整理等をする上では知っておかなければならないものの一つです。

 

信用情報機関に登録されると債務整理の事実等の事故情報が登録され、住宅ローンなどのローンが組めない、クレジットカードの審査が通らないなどのデメリットが発生します。それでは、信用情報機関とはどのようなものなのか知っておきましょう。

 

信用情報機関とは一体どういうものなの?

信用情報機関は会社が消費者のクレジットカードの審査をする際や住宅ローンなどのローンを利用する際に、消費者が信用できる消費者であるのか、審査を通しても良いのかといった判断するための信用情報の管理や提供そして会員会社と共有を行う機関になります。

 

信用情報機関では個人が賃金業者でどのような利用方法をしたのかをデータとして保有されており、金融機関などが参照できます。消費者は自分が金融機関に信用してもらえる分だけ適正な信用供与が受けられ、クレジットカードの作成や住宅ローンが組めます。

 

信用情報機関があることでクレジットカードの作成や住宅ローンを組むのが難しい場合であれば防ぐことができ、消費者自身も守られるのです。

 

クレジットカードは現代ではかかせないものであり、消費者に広く使用されておりますが、適正な使用が必要となります。このように消費者と会員会社と信用情報機関は生活する上で関係が作られています。

 

また、自分自身の情報を確認したい場合には信用情報開示制度があり、登録されている消費者本人のローンやクレジットに関する契約内容や支払情報などの確認ができる制度があります。

 

開示手続きはスマートフォンや郵送、窓口で行い、申込書や本人確認書類の提出をした後に開示が可能です。こうした信用情報機関の存在は、消費者の多重債務や自己破産の防止といった効果があります。

 

信用情報機関が消費者の借入等のチェックをして消費者を守っています。

 

個人の貸金業者の利用履歴を信用情報データとして保有

過去に金融機関と取引が行われた方は信用情報機関に登録され、氏名と生年月日、住所、電話番号、自身の勤務際といった個人情報の他にも、過去のクレジットカードや金融機関の利用履歴や返済中の状況、そして滞納や延滞はしていないか、そして事故情報などが登録されます。

 

これらが登録された上で消費者金融業者やクレジット会社が紹介して消費者の信用力を確認します。そして、消費者それぞれの無理のない生活を送ることができるのです。

 

また、金融機関との取引の他にも借金のある苦しい生活から解放するために債務整理や任意整理、個人再生そして自己破産をすると、自分が債務整理を行ったという情報が事故情報として信用情報機関に登録されます。

 

これは別名、ブラックリスト登録とも呼ばれます。

 

ブラックリスト登録されると登録機関中は金融機関からの借り入れやクレジットカードの新たな作成ができなくなることや、住宅ローンなどのローンの審査が通らなくなります。借金を減額や、支払いの猶予を持たせたいために債務整理をすることで起きてしまうデメリットになります。

 

そのため、債務整理をする際にはブラックリスト登録されても何か今後問題ないかを確認する必要があります。

 

信用情報機関には3つ種類がある

信用情報機関はJICCと呼ばれる日本信用情報機構、CICと呼ばれる株式会社シー・アイシー、JBAと呼ばれる全国銀行個人信用情報センターといった3つの団体があります。

 

信用情報機関が登録情報の種類が同じではなく、加盟している会員、そしてどれぐらいの登録期間があるのかも違うので3つの団体について確認しておきましょう。

 

JICC(日本信用情報機構)は主に消費者金融業者に対して設立された信用情報機関です。

 

アコムやレイク、プロミスやオリックスなど、大手の有名消費者金融業者が加盟の大半を占めています。消費者金融業者全体を見ても8割以上の業者がJICCに加盟しており、その他にもクレジットカード会社やオリコ、エポスカード、ライフなどの保証会社も加盟をしている大きな信用情報機関になります。

 

JICCに登録される情報は本人特定情報やクレジットカードの作成や住宅ローンなどの契約内容に関する事、取引事実などの情報などがあります。

 

氏名や生年月日、住所、性別、電話番号、勤務先といった本人を特定するための情報は、契約内容に関する情報等が登録している期間まで登録されます。

 

登録会員名や契約の種類、契約日、貸付日、契約金額といった契約内容に関わる情報は契約継続中及び完済日から5年を経過しない期間まで登録されます。

 

入金日や借入の残高、完済日、延滞などの借金返済に関する情報も契約継続中及び完済日から5年を経過しない期間まで登録されますが、延滞情報にかかわるものは延滞継続中のみ、延滞解消の事実などの情報は発生日から一年間登録されます。

 

任意整理や破産申し立てといった取引事実に関する情報は事実発生日から5年を経過しない期間まで登録されます。また、申し込みに関する情報は申込日から六カ月を経過しない期間まで登録されます。このように登録情報にはそれぞれ一定の保有期間が定められています。

 

CIC(株式会社シー・アイ・シー)はクレジットカード会社が共同出資して設立がされた信用情報機関です。

 

そのため、加盟している業者の大半はクレジットカードやカードローンの信販会社になります。その他にも消費者金融業者も加盟しています。

 

CICとJICCの二つに加盟している業者も多くおり、大手の消費者金融業者であるアコムやオリックス、そしてカード信販会社のオリコ、エポスカードなどがCICとJICCに加盟しています。

 

CICは、JICC同様顧客の信用を判断に利用するため、申込に関する情報や、クレジット情報、そして利用記録が情報として登録されます。

 

申込情報である氏名、生年月日、電話番号といった本人識別のための情報や、照会日や契約予定額、照会会社名といった申込内容に関する情報は照会日より六カ月を経過しない期間まで登録されます。

 

加盟会員の契約内容や支払状況などのクレジット情報は契約期間中及び契約終了後5年を経過しない期間まで登録されます。

 

クレジットやローンがしっかり払えているのか、能力があるのかといった利用記録は、利用日より六カ月間登録されます。

 

CICはJICCと比較すると任意整理や個人再生などの債務整理に関する情報は登録されないのが特徴です。

 

 

JBA(全国銀行個人信用情報センター)は全銀協と呼ばれる全国銀行協会が設置し、運営している個人信用情報機関になります。

 

JICCやCIC同様、消費者信用の円滑化を図るため、消費者への過剰な貸付の防止に設置されました。JBAは主にローンやクレジットカード関連の個人情報が登録されています。

 

JICCやCICとは違い加盟できるのは銀行や政府関係の金融機関、信用保証協会、それ以外は各銀行から推薦を受けた信販会社のみであり、限られているのが特徴です。

 

JBAには、ローンやクレジットの契約内容や返済状況などの取引情報に関する情報や会員がセンターを利用して日やローンや、クレジットカード等の申込みや契約の内容などの照会記録に関する情報が登録され、JICCやCIC同様に5年を経過しない期間や6カ月を経過しない期間といったそれぞれの登録情報に応じて登録期間が定められています。

 

JBAは信用情報機関としての機能の他にも金融犯罪への対応といった消費者が適正な取引ができるような推進や人権擁護といった社会貢献活動なども行っています。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!