カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説

MENU

カードローンやリボ払いの仕組みってどうなってるの?残高スライド方式について解説

あると便利といわれるカードローンですが、意外とその仕組みについて知っているという方は少ないといいます。リボ払いや残高スライド方式など、返済方法一つとっても色々なルールがあり、実際に使っている人の中にも、正確な仕組みを知らないまま使用している方がいるといいます。

 

カードローンの債務トラブルの大変は、支払い方法を把握しておらず、お金の管理に失敗したことがきっかけとなっているので、詳しい解説を確認して、正しいカードローンの使い方を学びましょう。

 

残高スライド元利定額リボなど複雑な仕組みと思いきや?

カードローンの使い方を調べてみると、残高スライド元利定額リボなど、聞いたことのない単語がどんどん出てきます。おまけにカード会社によって返済方法などの名称が細かく違うので、複数のカードローンを使用している方は、どれをどのように返済してよいのかも分からなくなるといいます。

 

複雑な単語や返済方法ごとに異なる支払額の計算法の違いなど、借りるだけなら簡単なカードローンも、いざ返済が始まると非常に複雑な流れを感じます。そのせいでカードローンは難しいものと思考停止してしまう方もいますが、一つずつ中身を理解していけば、それほど難しいことではありません。

 

残高スライド元利定額リボについても、複数の仕組みをつなげて一つの単語にしているだけなので、一つずつ解説をチェックしていきましょう。

 

リボ払いの「元利」とは?

まずは「残高スライド元利定額リボ」のうち、「元利」について調べていきましょう。

 

元利は元利方式という支払い方法を示し、返済額の中に利息が含まれており、返済時に自動的に原本と利息を支払う仕組みになっています。

 

返済額が常に一定になる分、お金の管理がしやすく、月々の負担も一定というメリットがありますが、その反面利息と原本の減る割合が小さく、長期にわたって返済しなければならないデメリットがあります。

 

元利方式に加え、似たような名称の元金方式という返済方法があります。

 

こちらは原本とは別に利息を支払う支払い方法で、原本を着実に減らしていけるメリットがあります。利息を追加で支払う関係上、月々の負担は大きくなるデメリットがありますが、返済を続けるごとに利息の支払額は減っていくので、徐々に負担は小さくなっていきます。

 

名前はそっくりな元利方式と元金方式ですが、一番気になるのはどちらのほうが負担が軽いかというところでしょう。

 

双方の返済方式で同額のローンを組んだ場合、最初の返済負担は元金方式のほうが大きく、元利方式のほうは最後まで変化しません。最初の返済額だけ見ると、元利方式のほうが負担は軽そうですが、最終的には金利の支払いがどんどん減り、かなりの差がつくでしょう。

 

将来の金銭的な余裕が期待できないと思われるときは、元金方式のほうが都合が良いかもしれません。

 

さらに気になるのが返済総額の変動ですが、これはどちらの支払い方式でも違いはほぼ出ません。元金方式のほうが返済期間を短く出来る分、返済総額は元金方式のほうが安くはなるのですが、その差はカードローンなどの小額の取引では大きな差とはとてもいえません。

 

支払い総額の変動はあくまでローンに設定された金利なので、仮に金利がまったく同じで、支払い方法を変更できたとしても、支払い総額にはほとんど差が現れないでしょう。

 

元利方式と元金方式ですが、ほとんどのカードローンは元利方式を採用しています。理由は色々ありますが、支払額が常に一定である点は評価されているようです。支払い方式が一定だと、計算が簡単に行なえるので、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

 

利用者に返済方法について説明する際も、元利方式のほうが説明しやすく、金利によって利益を得ている会社にとっては、長期にわたって金利を支払える方式のほうが利益が大きくなります。

 

利用者と提供者の双方にメリットがある方式という点から、元利方式が採用されているのが大半で、利用者は基本的に会社の指示に従うことになります。

 

カードローンの支払い方式の違いは、ほとんどが元利方式が採用されているので、それほど深く考える必要はありませんが、住宅ローンの支払いについてはその限りではありません。

 

住宅ローンの場合借り上げる金額が大きい分。返済負担もより大きなものになります。そのため支払い方法の違いによる返済額のふり幅も大きくなるので、住宅ローンを借りた場合、多くの金融機関が返済方法を指定できるようにしています。

 

 

「定額リボ払い」と「定率リボ払い」の違い

「残高スライド元利定額リボ」のうちの「定額リボ」も、ローンの返済方法に関係しています。リボ払いはリボルビング払いの略称で、返済額を常に一定にすることで、何度でもローンを組み、定額のまま返済を続けられる支払い方法としています。

 

リボ払いの重要なポイントは、複数回ローンを組んでも、定額で返済を続けられるという点です。

 

たとえば、1月に1万円を借り、月2千円を返済した後、2月にまた2万円を借りた場合、次の月の返済額は変わらず2千円で、借りたローンが全額返済されるまでは、2千円を支払うことになります。

 

常に一定の返済額を支払うことになるリボ払いですが、使用する条件として限度額が設定されています。さすがに何回もカードローンを借りられると、カード会社のほうがお金を貸せなくなるので、カードローンを利用する際に前もって限度額が設定されます。

 

収入の保証がされているか、過去にカードローンを使用し、返済を滞りなく済ませているかなど、いくつかの条件が重なれば限度額は上昇し、より多くの金額を借りられます。

 

次に「リボ払い」の頭についてる「定額」や「定率」についてですが、これらはどうやって返済額が決まっているかを示しています。

 

定額の場合は、月々の金額が固定されており、月ごとに返済を行なうという意味で、定率のほうは、月々の返済額は借りた金額の一定率ということを示しています。

 

定額と定率だと、定額のほうが返済額が一定な分、返済プランが立てやすいですが、定率の場合は原本の割合に応じて返済額が変動するので、計算は少々面倒です。

 

その分残高に応じて支払額は減るので、返済を続けるごとに負担が減って、最終的には余裕を持って返済を続けられるようになっているでしょう。

 

定率方式の解説を見て気になった方もいるかもしれませんが、返済ごとに原本を減らせる定率リボ払いなら、延々と原本の数%を支払うことになり、永遠に支払いが続くことになる事になります。

 

当然ながらそこまでいっても返済額の定率が守られることはなく、はすの切捨てなどの方法で、大まかな返済額を設定します。

 

返済額が大きく下がった後は、定率から定額リボ払いに変更され、その後は完済まで定額ローンの支払いを行なうことになります。

 

「残高スライド元利定額リボ」にあるように、多くのローン会社では、定額リボを採用しているところが多いですが、定率リボを採用しているところも少なからず存在します。

 

大手の消費者金融でも定率リボを採用しているところがあるので、複数のローンを使うという方は、それぞれの返済方法をきちんと把握しておきましょう。

 

返済方法をきちんと把握しておかないと、返済費用の計算が難しくなり、返済を滞らせてしまうかもしれません。

 

もしカードローンを利用する機会があるなら、キチンと返済方法を確認するとともに、金額や返済期間など、余裕を持って返済できるようにプランを考えてみてください。

 

「残高スライド方式」はどんな方式?

一つずつ解説してきた「残高スライド元利定額リボ」ですが、最後の一つが「残高スライド」です。

 

残高スライド方式は、月々の支払額についてのルールで、月々の支払い額が、借り入れた金額に応じて変動していくという方式を意味します。

 

たとえば10万円借りたら毎月1万円、20万円借りたら毎月2万円といった具合に、借り入れた金額が大きければ大きいほど、月々の返済額は大きくなります。

 

カードローンは限度額までなら何度でも借り入れが可能です。そのため月ごとに何度もローンを組んだ場合、借入残高がどんどん増えていくことになります。残高スライド方式は、借入残高の額に応じて返済額が変動するので、何度もローンを組んだ方は、どんどん月ごとの負担が増えると考えてください。

 

一度増えた返済額は、借入残高が一定額まで下がれば合わせて下がるので、借り入れ回数を抑えて返済を続けていれば、じきに負担は軽くなるでしょう。

 

残高スライド方式は借入額の増加に伴い金利の支払額も上昇士、返済期間も延長されるため、ローン会社にとっては大きな利益を生む返済法といえます。そのためローン会社のほとんどが残高スライド方式を採用しており、借りれば借りるだけ負担は増大します。

 

カードローンの返済が滞っている人の多くは、限度額いっぱいまでローンを組み続け、借入残高を増やしています。多額の返済を続けても、原本がほとんど減らず、非常に長期にわたって返済を続けざるを得ない状況に陥っているので、事前に限度額を低く設定するなどの対策を練っておきましょう。

 

残高スライド方式による支払いは、平行して定額リボ払いや定率リボ払いが採用されることが多いです。

 

たとえば残高スライド定額リボ払いの場合、最初に指定されているリボ払いの金額を支払い続けますが、借入残高が増加すれば、月々の返済額は上がり、以後はその変差額を払い続けることになります。

 

負担が一定の変わりに、返済期間の短縮も望めない定額リボ払いの場合、いつまで経っても完済できないかもしれませんが、残高スライド定額リボ払いなら、一定の額になれば負担は増えるものの、完済までの道のりはそう遠くはならないでしょう。

 

残高スライド定率リボ払いの場合は、借入残高の上昇によって、リボ払いの定率を下げる仕組みになっています。定率のままだと借入残高が増えるごとに返済額が増加し、負担がどんどん増えるので、借り入れ残高の上昇ごとに利率を引き下げ、返済額が変動しないようにすることで、無理なく返済できるようにします。

 

ただし、返済額が一定のままの代わりに返済期間は延び、その間金利を支払い続けることになるので、借入残高が増えれば増えるほど、完済までの期間は非常に長くなるでしょう

 

始めてみたころにはよく分からなかった「残高スライド元利定額リボ」も、一つ一つの特徴を理解すれば、「利息が返済額に含まれており、月々の返済額は一定で、借入残高が増えることで返済額が上昇する」という内容であることが理解できるようになったのではないでしょうか。

 

ローンについての解説はwebサイトだけでなく、窓口のスタッフなどからも直接聞けるので、カードローンを利用する機会があれば、しっかり解説してもらう機会を設けるのもオススメです。

自分の借りてるカードローンの返済方式を知るには?

色々なルールを結びつけることで、無理なく返済を続けつつ、会社側も利益が得られるようにカードローンは作られています。そのルールの設定については、ローン会社によって異なるので、中には見たことがない返済方法が書かれていることもあるかもしれません。

 

以前利用したカードローンの手続きの記憶を参考にローンを使ったら、違うルールでの支払いが採用されていて混乱したという方もいるので、きちんと自分の借りてるカードローンの返済方法は確認しておきましょう。

 

カードローンの返済方法については、基本的にどこのローン会社も説明しています。最近だとネット経由で契約する方も多いので、公式サイトに詳しい説明が記載されていたり、契約を結ぶ前に規約書などを表示してくれます。契約前にチェックしたり、ダウンロードして最後までしっかりと読み込みましょう。

 

面倒に思うかもしれませんが、規約をちゃんと把握していないことが、債務トラブルのきっかけになったケースもゼロではありません。

 

注意点としては、ローン会社による表記の違いです。

 

説明のしかたもローン会社によって違いが出るので、とくに複数のローン会社を利用する方は混乱することもあるでしょう。大抵のローン会社は残高スライド元利定額リボを採用しているので、よく分からないときは、残高スライド元利定額リボ払いかどうか確認すれば、どんな支払い方法か分かりやすくなります。

 

支払い方法が違うと、返済額に違いが出ることもありますが、その額はそれほど大きくはありません。効率よく返済額を減らしたいときは、毎月の支払額を出来る限り多くして、返済期間を短縮すると良いでしょう。

 

自分にとって支払いやすく、負担を減らせる支払い方法をチェックし、上手にカードローンを活用してください。

 

関連ページ

20代で借金を重ねてしまった人必見!個人再生をするには?
CFJの過払い金請求の期間と方法について
審査に通らないかもしれない…知っておくべき!CICの情報開示について!
日本信用情報機関【CRIN】って何なの?
アイアール債権回収からの請求が来たときの対処法とは?
イオンカードのリボ払いとショッピング一括返済について
イオンカードの支払いが遅れるとどうなるの?延滞後の対処法
クレジットカード料金の支払いができない!そんな時に使える返済相談方法
他人事ではない!誰にでも起こりうる【カード破産】について
学生ローンのカレッジってどうなの?返済できなくなった場合の対処法
今さら聞けないグレーゾーン金利の問題とみなし弁済について
クレジットカードの支払いができない!気を付けたい滞納のペナルティ
家計収支表で借金の返済相談の前に状況を把握しよう
楽天カードの支払いを延滞するのは危険!支払いが難しい時の対処法
競売落札の流れとの強制立ち退き(明渡し)まで
差押えや競売になるまで固定資産税を滞納するおこる今後のデメリット
銀行の預金口座を差押えられると今後の入金はいつまで反映されない?
口座売買は絶対にしてはダメ!犯罪者になりうる口座売買とは?
養育費は別!婚姻費用で控除できる費用とは?婚姻費用の算定方法
債権者から給料を差し押さえられたときどうすれば良い!?対処法はあるの?
詐欺破産罪って何?自己破産前後にやってはいけないこと
債権回収会社からの取立ての電話は違法になる?対処法はあるの?
「債権譲渡通知」が急に来たとき、あなたがすぐにしなければならない事!
強制執行に必要な「債務名義」を取得するには?
借金の時効は何年?時効の援用とは?
「借金の時効消滅」時効の援用と時効の中断について
自営業をしながら5年間で1400万円の借金を完済した体験談
強制執行ってなに?「執行文付与」の手続きの仕方
個人間での借金も時効はあるの?時効を待てば払わなくて済む?
借金の取り立てはどこまでやると違法になる?勤務先の電話や訪問は?
借金の滞納が払えない!括請求が来てからもまだ間に合う対処法
借金を踏み倒しても詐欺罪で逮捕されないためには
消費者金融から30万を借入(借金)してから完済するまで
ストレス解消の為に借金400万円をしてしまった体験談
どれくらいまで減額される?過払い金がない借金400万を任意整理
借金返済のためにアコムから50万円また借金をしてしまった体験談
毎月返済しているのに全く借金が減らないその原因と賢い返済方法
借金のある人と結婚…不安を取り除くにはどうすれば良い?
消費者生活センターで借金相談できるって本当?弁護士に相談しづらい人におすすめ!
借金の取り立てを無視すると最終的にどうなるの?裁判を起こされる事も?
裁判所の郵便物を受取拒否した場合どうなるの?不在で受け取りできない場合は?
受任通知の効力とは?貸金業法の取り立て違反行為を止める方法
借金で住むところがない時の助け舟!「公的支援制度」を知っておこう
出資法の金利とは?利息制限法に違反すると行政処分の対象に
滞納してしまった奨学金を保証人に迷惑をかけずをどうにか支払う方法
プロミスで借りた借金を時効で踏み倒しすることはできるのか?
審査の前に!知っておくべき信用情報機関の情報記載期間について
信用情報機関って何?ブラックリストに登録された場合、登録期間はどれぐらい?
連帯保証人や身元保証人を頼まれたらどうする?保証人になる条件ってあるの?
借金問題を全国対応の弁護士事務所に依頼をするメリットとは?
終わることのない多重債務地獄にはまった人の体験談
通知を受け取った人が一括返済を避ける方法!代位弁済とは?
収益物件の賃料が担保不動産収益執行で差押えられるケースとは?
知らないと困る!借金を返せない時の「遅延損害金」の計算方法
銀行預金の差押えの際におこなう「転付命令」の効力について
借金で簡易裁判所から訴状が届いた場合、答弁書はなんて書けば良いの!?
持ち家がある人でも生活保護は受けれるの?受給できる人の条件とは?
生活保護受給している間に新しく借金をした場合どうなる?
生活保護で支給されたお金で借金を支払うことは可能?
生活保護の支給額はいくらもらえるの?最低生活費の計算方法
ハウスリースバックで任意売却後も賃貸で住み続けるには?
ハウスリーブの審査基準とは?自己破産している場合はどうなる?
とっても重要!意欲的に支払う意思を見せる意味とは?
信用情報機関に異動情報が登録されるとはどんな状態?
求任意売却による抵当権消滅請求の手順について
メリットもあるけどデメリットもある手続きが安い「特定調停」について
特定調停のデメリットに注意!特定調停で話し合うには、裁判所に行かなければならない!